CARPについての独り言

CS開催地とCS対戦相手によるデータ検証

●DeNAサイド 防御率:4.53(5.26) 打率:.244(.266)

カープ、DeNAともわかりやすいくらい攻撃面の数字が落ちていて防御面の数字が良くなっています。 両チームともハマスタで打ち過ぎ!(苦笑) 特に驚いたのがズムスタではHR1本しか打たれてないんですね。しかも打ったのが投手のウィーランドで野手には1人も打たれてないという。 次に個人成績(ズムスタのみ) まずは投手編 ・先発陣は色なし、リリーフ陣は色つきになってます。 ・おそらくCSでは出番がない(もしくはあるかどうか怪しい)と思われる選手はカッコ括りにしてます。 カープは殆どの主力投手が結構いい数字を叩きだしています(薮田はこちらでも全てリリーフ登板) 正直ここまで抑えていたとは思いませんでした(苦笑) 一方DeNAは先発陣はそこそこ抑えていますが、リリーフ陣が山崎、エスコバー以外軒並み数字が悪い傾向にあります。 因みにウィーランドは最近だと最終戦で7点取ったりとあまり苦手なイメージを持っていないカープファンもいらっしゃるとは思いますが、実はハマスタの防御率が9.00と極端な外弁慶投手だったりします(苦笑)

続いて打者編 ・打率3割以上、HR2本以上、打点5以上は赤文字にしています。 ・おそらくCSでは出番がない(もしくはあるかどうか怪しい)と思われる選手はカッコ括りにしてます。 打数が少ないですがバティスタと岩本の数字が突出してますね。 バティスタは実は殆ど今永から稼いだ数字で今永以外だと.333 HR、打点とも0です(苦笑)まさしく今永キラーですね。 あとここでも誠也と安部の離脱はやや大きいかな。

4ページ中3ページ目を表示

  • posted by 2ndmix
  • 2017/10/12 20:50

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

「CS開催地とCS対戦相手によるデータ検証」へのコメント

阪神戦のデータは、そりゃそうだべなという印象でしたが、横浜DeNA戦に関しては、嘘もっと悪いだろってイメージですね
まぁよく打たれた
そういうイメージしか正直ないですから
だからものすごく以外でした
案外抑えてたんだなと
しかし、やっぱりDeNAとはやりたくないね
どうやら石田がカープ戦に回して来そうだし
石田アレルギーは、今永アレルギーよりも、八木アレルギーよりも酷いからね
阪神は、誰も怖くありません
負ける気がしないというか、普通にやれば負けるはずないだろってさえ思います
ファンですらそう思うんだから、選手はなおさらだろう
頑張れよ
阪神さん
そしてクタクタになってマツダに来てください
お待ちしております
あっ、あと福留さん辺り骨折で絶望とかだと💮なんだがね
あれ本当に邪魔

posted by hiroshimacarpvictory
コメント投稿者ID:hiroshimacarpvictory
2017/10/14 00:43
コメント支持(1)

CS開催地とCS対戦相手によるデータ検証

私も対DeNA戦はもっと打たれていた印象があっただけにこの数字は意外でした。
やはりホームアドバンテージもあり打者有利でもあるハマスタの印象が強烈だったのかなぁと。

あと対阪神戦に結構打たれているのも意外でした。
このデータをまとめる前はややDeNAの方に嫌なイメージが強かったのですが、今は阪神も同じくらい嫌なイメージを持つようになりました。

posted by 2ndmix
コメント投稿者ID:2ndmix
2017/10/14 09:29
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック