CARPについての独り言

マエケンが抜けても強かった理由

実に2年ぶりの投稿となります(苦笑) 元々各ブロガーさんへのコメントを主としてるので、自分のブログ自体はすっかりご無沙汰しておりました(^^;)

本当は優勝決定日に投稿しようかなぁと考えてたのですが、書きたいことが多いので分割投稿という形を取りました。 優勝当日はおそらく多くのブロガーさんが投稿されるでしょうから読むだけでもかなり時間を取られそうですし(苦笑) さて、表題の件について。

開幕前はマエケンが抜けたことで多くの方が去年より厳しい評価をされてたと思いますが、こと自分に関しては例年と変わらない期待をしていました。 その根拠となるコメントを見つけたのでご紹介いたします。

確かに去年は先発陣こそ充実していましたが、それ以外(リリーフ陣、打撃陣)は貯金で終えた一昨年より劣っていましたからね。 去年は先発陣が充実するだけでは戦えないことが立証されたシーズンだと思いますし、逆に先発陣がいまひとつでもそれ以外の戦力が揃っていればある程度戦えたことを立証したのが一昨年だと思います。

これは今年の1月16日に書いたとあるブログへのコメントですが、この当時からマエケンが抜けてもリリーフ陣と打撃陣が去年以上なら十分戦えると考えてました。 もっともこの時点で去年より上積みが計算できたのは打撃陣のルナくらいで、ジャクソン、ヘーゲンズ、岡田といった新戦力は勿論、誠也、安部といった既存の選手達の伸びしろも未知数なので確証にまでは至りませんでしたが・・・ で、実際去年と今年の先発陣の勝ち星を比較してみると

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by 2ndmix
  • 2016/09/07 01:56

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック