4thDayMarketCenter

危なげしかない〜千葉vs岐阜(5月22日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

京葉線に乗って、蘇我まで。

■前半

ブラジル人とかの名前って、パターンがごく限られていて、しかも、フルネームにすると恐ろしく長くなるというので、サッカーの世界では、いわゆる“愛称”が正式登録名になっております。その場合、「クリスティアーノ・ロナウド」みたいに2センテンスになることもありますが、多くの場合は「ドゥンガ」みたいに1センテンス。にもかかわらず、スタジアムアナウンサーが「エウトン」のことを「エウトン・ロッドリゲス・サントス」とフルネームで紹介した。「なんのこっちゃ?」と思っていたら、エウトンのチャントって「エウトン・ロッドリッゲ〜ス、〜〜♪」って感じなんですね。     そう、序盤の主役はエウトンでした。前半の、まだ10分にもならないうちにジェフが先制したのですが、それはエウトンのヘディングシュート。後半に息切れするのも早かったですけど、序盤に関していえば、ちゃんと競り合ってましたし、ターゲットマンとして機能していて、そしてヘディングのゴール。長身FWとしての役割を果たしておりました。     相手は、監督の指導者としてのキャラクターからして安定感のなさならJ2でも屈指の岐阜。1点献上すれば、そそくさと2点目もプレゼントする。ジェフの追加点は井出がペナルティーエリア内の右で見事な切り返しから突き刺したもの。そのお膳立てをしたのもエウトン。エウトンのポストプレーが起点だったのですが、足下のポストワークについては、なかなかぎこちないですね。今や滅多にお見かけしなくなった、古式ゆかしい「電柱」なのかもしれません。     というわけで、キックオフから10分もしないうちに、岐阜は2点のビハインドを負ってしまったわけですが、ここからは、しばらく試合が落ち着きます。試合が落ち着いたので、システムなどを確認してみる。この状況に至って初めて岐阜が442でなく4231であることに気付く。エヴァンドロと鈴木ブルーノの2トップに、高地と田中の2列目かと予想していたのですが、実際には鈴木ブルーノの1トップで、2列目が左からエヴァンドロ、高地、田中でした。       ■後半

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 4dmcih
  • 2016/05/23 10:10

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック