4thDayMarketCenter

スタイルとスタイルのぶつかり合い〜福岡vs熊本(3月19日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

バカンス真っ只中も真っ只中。この日はアビスパvsロアッソ。結局、加藤清正と黒田長政ではどっちが強いんだ?と。

■前半

この日のスタメンを眺めていると、巻とウエリントンなるターゲットマンが、それぞれのチームにいましたので、特に序盤の戦いにおいては、そこに向かってロングボールを放り込んで、状況を伺うような応酬が続きます。とはいえ、こと熊本に限っていえば、決して縦ポンサッカーといった類ではない。巻に向けて蹴れば、勝てないまでも、必ず競ってくれますから、ボールがスクランブルにはなる。それを拾えてからの熊本は、なかなかのパスサッカーでしたよ。   Jリーグサポーターなら覚えていると思いますが(願いますが)、昨シーズンも震災が起きるまでは好調だったんですよね、熊本って。その貯金があったからこそ、残留を遂げたのであって。本来なら奇跡の残留だったはずなんですよ。震災後、Jリーグの底力というか、巻誠一郎の人徳によって、表現は大変に不適切かもしれませんが、ロアッソはある種の「感動ポなにがし」チックに取り上げられて、それはそれで復興のプロセスにおいてとてもとても大切だったのですが、なんだか、それまでの快進撃が忘れ去られがちなのが、少し歯がゆいというか、ね。   例えていうならば、最近になって『ゴッドタン』に出るようになった矢口真里ですよ。『ゴッドタン』を見ていると、「矢口って、バラエティー対応能力ハンパないな」って思っちゃいますもん。例の騒動以降のイメージが強すぎて、すっかりワイプの女王であったことを忘れてしまっている。「それ以前の物語」を軽視しちゃいけないってことです。   熊本の話が長くなりました。福岡について。福岡は、あくまで福岡です。ウエリントンの高さと駒野&亀川の推進力を生かす。亀川は亀なのに速い。それを司るのは ダニルソンと岩下。この2人の高精度ロングキックが、福岡のストロングポイントを輝かせる。そんな岩下、この日も巻へのラフプレーが取り沙汰されましたね。スタンドからは、大袈裟なリアクションで岩下をイライラさせようとしているのかな、とも思われたのですが、映像だとまた違ったビジュアルがあるようです。岩下はどこまでも岩下である、的な。     ■後半

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 4dmcih
  • 2017/03/20 07:42

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック