4thDayMarketCenter

ときどき審判が目立つ試合に遭遇します〜G大阪U23vs相模原(3月20日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆

ああ、バカンスが終わっていく。。。水曜日からの6日間で4試合も見れたので、完全に満喫したんですけどね。「明日からは、企業戦士に戻るぞ!」って宣言すると、語弊でしかない!!

■前半

少なくとも日本の教育において、育成というのは基本を叩き込む場所とされております。ゆえにG大阪U23は育成チームらしく、大変にオーソドックスなサッカーを展開します。システムは442(見方によっては4231)ですし、基本的にはボールを大切にするスタイル。ガンバユースは伝統的にパスワークを得意とするイメージもありますし、テクニシャン養成道場的なところもあるので、そういう背景を生かして丁寧にゲームを作っていく。   具体的には、最近ではもはや少数派になりつつある、ボランチにボールを預けて、そこからビルドアップしていくパターン。一発目の配球で打開できなければ、いったん戻して攻め直す。最終ラインがサイドチェンジしていく。ほんの数年前までは“サッカーの常道”とされたやり方ですね。宮本監督も相模原の安永監督も、J創世期に将来を嘱望された当時のホープ。そういう世代ですから、その当時に花形とされたスタイルになるわけです。   あの頃、J創生期には、端的に固有名詞をあげてしまうと“アンチ国見”みたいは価値観があった。運動量とフィジカルを徹底的な走り込みで鍛え上げて、「あとは運を天に任す!」みたいにロングボールを放り込んでいく高体連サッカーに対して、「そんなもんサッカーとはいえない!」っていうアンチテーゼを突きつけたのがJユースクラブ。ってな理念を突き詰めると、「やっぱスペインだよね」ってことになり、相模原の指揮官である安永さんは、まさにスペインサッカーの伝道師的な立ち位置、、、だったはず、なのですが。   え〜と、安永さん、攻撃的なパスサッカーを断念したのですかね? なんだか、ボールを奪うとサイドのスペースにアバウトなボールをポンって入れるってパターンばっかりだったぞ。昨シーズンは散々でしたから、「軌道修正かな?」とも思ったのですが、前半のうちに高畑から麦倉へという選手交代をしていたので、パスサッカーを放棄したのではなく、いまだパスサッカーをチームに落とし込めていないってだけの話のような気がする。     ■後半

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 4dmcih
  • 2017/03/21 07:50

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック