4thDayMarketCenter

日本の戦いぶりへの適切な評価に思いを馳せる~【イタリアvs日本】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★

■イタリア 4 vs 3 日本[コンフェデ 06月20日] 4dmcih-411106.png 確かに日本が圧倒しているような感じでしたからね。必然っちゃ必然なのかもしれませんが、おそらく日本人以外の目からすれば‘棚からぼた餅’、英語で言えば‘It is a rice cake covered with bean jam from a shelf’ないし‘This is what they call a lucky break.’なのでしょう、本田がPKで決めた先制点。 一方で、香川のシュートは凄かったですねぇ。コーナーキック崩れをイタリアがクリアしようとしたら小さくなって、今野がポヨ~ンってロビング。香川が上手くカラダを入れ替えて、キレッキレなカラダの捻りからボレーシュートを叩き込みました。 当然、そのままイタリアが尻尾を巻いて逃げ出すわけもなく、ピルロのコーナーキックにデロッシがヘディングで合わせて一点差に追い上げます。セットプレーの守備に難があると言われたり言われなかったりする日本代表。‘イタリアの憲剛’ことピルロは、そこを見逃しません。涼しい顔で正確なアシストを‘ハイジのお爺さん’ことデロッシへとお届けしましたね。 後半に入ると、すっかり気を取り直したアズーリ。前半2点目のときの今野みたいなポヨ~ンってのをピルロが入れると、抜け出したジャッケリーニが吉田との‘22番対決’を制し、折り返す。最後はフリーのバロテッリが押し込みました、、、と思いきや必死に戻ってきた内田がオウンゴールを突き刺しました。 で、完全に浮き足立った日本にイタリアは容赦なく畳み掛けます。というか、「よりによってこんなタイミングで‘帳尻合わせ’をしなくても良いじゃないか、審判さん!」みたいな感じで長谷部がハンドを取られてPK献上。こんどこそ正真正銘、バロテッリが得点王へのステップを一歩進めました。 で、このあたりで漸く試合が落ち着くというか、通常の「あぁ、サッカーの試合だな」ってなテンションになって、見てる側としても、純粋にサッカーという球技を楽しめるモードとなります。「日本が善戦した理由は、イタリア2列目2人に自由を謳歌するスペースを与えなかったことが大きいのかな」なんてことを考えつつ、濃いぃぃ応酬を堪能しておりました。 そして、日本が意地を見せたのが後半23分。ピルロが‘イタリアの憲剛’とするならば、その憲剛を差し置いてレギュラーを張っている遠藤様をアズーリごときが止められるわけはなく、セットプレーから岡崎の同点ゴールを演出します。最後はデロッシ→マルキージオ→ジョビンコという流れるような速攻を、終了間際に繰り出せるイタリアの底力に屈しましたが、先制して逆転されて、それでも一度は同点に追いついた戦いぶりは、十分に評価されて然るべきではないでしょうか。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by 4dmcih
  • 2013/06/20 23:32

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック