思無邪の虎

■ペナント予測@セ

いよいよ開幕です。

事前の順位予想は当たりませんね。戦力だけの判定での予測はナンセンスなのかもしれません。戦力値以外の要素、つまりベンチワークそのものがその日の勝敗や長いペナントレースの戦い方に大きく影響しています。

今日は、この見地から勝手に予測をしてみたいと思います。

ちなみに僕は、昨年も同じような予測をしまして、ヤクルトにはまだペナントを制する戦力は整ってないと述べています(恥)。

そんなレベルの展開予測と捉えて下さい。

◉ペナント展開予測

まず開幕して、カード一回りする中で、どのチームもまだ今年一年の戦い方を確立できていないと予測します。

それは阪神・巨人・DeNAが監督就任1年目であること、また広島はマエケンの移籍、中日は世代交代真っ只中、ヤクルトもバーネット退団が大きく影響するでしょう。

首脳陣は取らぬ狸の皮算用をしていることでしょう。また、いろいろな選択肢を描いてスタートするような現況だと思います。

阪神はこれまで、真弓・和田政権は岡田老舗旅館の増改築チームでした。このベンチワークが機能しておらず、ほぼスタメン固定で、中軸が期待にそぐわないともうアウトのチームでした。試行錯誤がなかったのですね。

試行錯誤を通じて今年の戦い方が見えてくる時期は、どのチームも恐らく交流戦後頃ではないでしょうか。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 777oyoyo777
  • 2016/03/18 15:38

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック