レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

秋華賞、各馬短評

今週は牝馬3冠最終戦の秋華賞、一夏を超えて円熟味を増した乙女たちが最後の1冠を目指して覇を競います。オークス馬ソウルスターリングが不在も秋に入って新星も登場し、一層ハイレベルの様相を呈している今年の牝馬戦線。今週末は関西地方で雨予報で馬場状態も気になるところですが、まずは全馬無事に走り切ってほしいと思います。

◎1-1 アエロリット 牝3 55kg 横山典 牝馬ながらNHKマイルCを制した3歳ベストマイラーが秋華賞制覇を目指す。前走古馬に混じったクイーンSでは他馬に影すら踏ませない圧巻の逃げ切り勝ちを決めた。桜花賞まではセンスだけで走っていた感じで「完成は秋以降」と思っていたが、早々とその能力を開花させたようだ。何しろ戦法自在、多少の道悪もこなせる、レースセンス抜群と弱点が少ない。不安視されている2000Mの距離も牝馬同士ならば大した問題ではないだろう。強敵は多いし、関西遠征、そして1枠1番は諸刃の剣も大崩れは考えにくい。優勝候補の最右翼だ。

◎1-2 ラビットラン 牝3 55kg 和田 新馬勝ちを含めた3戦ダートで走った後、芝に矛先を向けた当馬。これがはまり、中京500万下で最後方から全馬ぶち抜く圧巻の競馬を見せた。この時の末脚は「次元が違う」と評していい脚だ。そしてローズS、確かにハイペースの恩恵もあったが末脚自慢のリスグラシューすら上回る切れ味で豪快に突き抜けて快勝。一気に秋華賞の主役候補へ名乗りを上げた。経験不足は確かだし、G1のプレッシャーも京都内回りも懸念であることに違いないが、何せ底を見せてない逸材。G1の舞台でも豪脚一閃で戴冠の可能性は十分だ。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by 7doraemons
  • 2017/10/13 12:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック