阪神タイガースに阪神競馬

きさらぎ賞&東京新聞杯の感想と今週の重賞展望

競馬で「圧巻」と言う言葉を良く使いますが、

正しく今回の「きさらぎ賞」での「サトノダイヤモンド」の走りは、

その言葉を改めて「痛感」させられた走り・・・

前半のラップはほぼ平均ペースでしたが、最後の6ハロンのペースが、

11.7 - 11.9 - 11.3・・・

一気に凝縮されたラップを平然として、寄れる事もなく真っ直ぐ走り、

上がり34.2秒の脚で2着馬に3馬身半差・・・余裕タップリの快勝。

勝ちタイムも1分46.9と優秀です。

しかも直線、追ってからステッキもそれほど入れず、ほぼ馬ナリで他馬を捉える瞬発力は、

この時期の3歳馬にしては、古馬もお手上げ・・・完璧な走り。

はっきり言って「器」が違う・・・「ポテンシャル」が違う・・・と、

言ってしまえば、それまでなんですが、

それにしても、世間ではライバル関係?と言われていました、

「ロイカバード」以下の馬達を子供扱いした能力は「桁違いの強さ」・・・

現時点でクラシック候補NO.1・・・?「リオンディーズ」に並ぶ・・・

いや、ひょっとして「サトノダイヤモンド」の方が、

今の完成度や落ち着き払ったレース内容から、こちらの方が能力上位?かもしれませんよね(笑)

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by adomaiyamein44
  • 2016/02/08 08:50

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック