阪神タイガースに阪神競馬

第54回 弥生賞の感想と今週の重賞展望

第54回 弥生賞

昨日も書きましたが、毎年このレースは緩ペースになりやすい・・・

本番へ見据えての一戦ですから、各馬折り合いを重視する為どうしてもペースは上がらない。

とは言え、今回のレースは過去にもあまり例のない超スローな流れでした。

ハロンラップを見ても分かるように・・・

12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7・・・

と言うように前半から非常に緩い流れ。前半1000m通過が1分3秒2・・・

逃げた△印「マイスタイル」には持ってこいのペースの中・・・

道中、競りかけて来る馬も見当たらず、

そのまま勝ってもおかしく無いレース運びではありました。

ただそれを大外から一気に捉えた「カデナ」の瞬発力は、

今回のメンバーの中では飛び抜けており、素直に評価しなければなりませんよね(笑)。

しかし勝ちタイムは2.03.2秒と「良馬場」では歴代最低に近いタイム・・・

ハッキリ言って「3歳新馬戦」クラスか?

ちなみに去年同じ「良馬場」で「マカヒキ」が叩き出した1.59.9秒は歴代最高・・・

9ページ中1ページ目を表示

  • posted by adomaiyamein44
  • 2017/03/06 12:24

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック