阪神をのんびり応援するブログ

来年のコーチ人事について思う事

阪神の今シーズンは終わりましたが、阪神ファンの前に野球ファンでもあるのでセパCSファイナルステージを低みの見物で楽しんでいます。

一昨日のコールドは常識的な判断では審判の判断が正解とは思いますが、じゃあなんであれより酷かった甲子園で試合開催を強行した挙句9回までやらせたのかという疑問がNPBと審判に対して出てきますねー。

せめてあの試合も5回までに終わっていたらあそこまで荒れずに済んだと思いますが・・・

これに関しては来年以降明確な規定を設けるなどの議論点になるのは間違いないでしょう。

さて文句はここまでにして阪神の来季のコーチに関する情報がポツポツと出てきました。

今まで報じられていた通り掛布2軍監督、久保・古屋・今岡コーチが退団し、その後任として矢野コーチが2軍監督に回り今年引退した安藤や新井良太が二軍コーチに就任と基本的には退団したコーチ陣とそのかわりに入閣する人を除けば、ほぼ変わらないコーチ陣で来年も戦うことになりそうです。

それでこの人事はネットのコメント欄を覗いてみると、まあ不評の意見が多いです。

掛布や久保を辞めさせて大丈夫だとか、新井良太に何が教えられるんだとか、片岡・香田・矢野辺りも辞めさせろ、結局お友達内閣じゃないか等々・・・

確かに個人的には不安も感じなくはないですが、一方で思う事もあるので今回はその方向で書いていこうと思います。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by akuahanki
  • 2017/10/20 02:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

「来年のコーチ人事について思う事」へのコメント

初コメさせて頂きます。コーチ人事ですが、他ブログにもコメントさせて頂きましたが、現在は広島のように自軍を引退した優秀な人材を育成コーチとして育てようとしていると思います。ただ個人的には、その育成は賛成ですが(功労者を大切にする=いい選手が来たくなる)、まずは他球団の名コーチを集めて匠の技を引き継ぐ必要はあると思ってます。
3軍ですが、ご指摘の通り球場の問題があります。鳴尾浜の移転先を検討しているとの記事もあったので、それが解決してからですかね。
個人的な意見としてはBCリーグの活用です。阪神退団選手の移籍がよく見られますし、育成選手の派遣もあります。なので、ある程度提携などをして、BCリーグ球団を3軍のような扱いにすれば来年からでも始められると思います。何かの制度に引っかかるかも知れませんが、掛布さんの意見を取り入れて、検討して欲しいですね。

posted by 元新在家の住人
コメント投稿者ID:TCE00077626
2017/10/21 00:05
コメント支持(1)

来年のコーチ人事について思う事

元新在家の住人さんコメントありがとうございます。
理想を言うなら著名なコーチを集めてその補佐に若いコーチを1か2人つけて技術を吸収させていくというのが私もベストだと思うんですよ。
しかしブログの記事に書いたように、そういうコーチはよっぽどのことがない限り他球団からの引き抜きは難しいとは思いますし、招聘に成功しても今回広島の石井・河田両コーチのように家庭の事情や、阪神がかつて招聘に成功した水谷・河村両コーチのように残念ながら体調不良が原因で退団してしまうケースもありますし中々難しい問題とは思います。
それでも脳内妄想では藤浪の育成のために最後のご奉公として藤浪の事を気に入ってる権藤を招聘できないかなとか、真弓を招聘して片岡と飴と鞭で打者育成できないかなとは思っていますが。
BCリーグの活用ですか。
阪神でいうなら上園が監督で桜井がコーチの滋賀と提携していくのがベストの形になっていくんでしょうね。
ただ個人的に着目しているのが関西独立リーグのBASEBALL FIRST LEAGUEなんですよね。
芦屋学園スポーツモダニズムプロジェクトと提携していることもあって社会人野球や高校野球から爪弾きにされてますが、それでも芦屋学園の卒業生が去年育成ドラフトで指名されていたりするんですよ。
片岡や平田が客員教授していたという縁もありますし、上手く提携していけば3軍のような扱いところか、半ば自前の教育リーグやアカデミーを持てるようになるんじゃないかと妄想したりするんですけどね。
まあ現実はそこまで行き過ぎると何らかの規約に引っかかったり、規約に問題がなかったとしても高野連から敵視されそうなんで無理でしょうけどね・・・
いずれにせよ将来に向けて阪神はいろんな方向から検討していってほしいです。
ちょっとコメント返信が長くなってしまいましたね(苦笑)。
たまにこんなこともあるかもしれませんが、これでも良ければいつでもコメントください。

posted by akuahanki
コメント投稿者ID:akuahanki
2017/10/21 10:49
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック