運動科楽からスポーツ再考!!

テラ・ファイト2;パッキャオ分析

2015年5月2日 いよいよ世界のボクシングファン、 格闘技ファン、 スポーツをこよなく愛する多くの人々、 が待ち望んでいた、 世紀の一戦(=テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー)が、 行われます。

あと二ヶ月に迫ったこの一戦を、 折角ここまで待たされたのだから、 一日一日 どうなるのかなぁ? こうなるかも? こうはならないで欲しい! などなど、 とにかく色々、 様々な視点から、 種々予想しながら、 楽しんで過ごしたいものです。

運動科楽を標榜している身としては、 この一戦に向けて、 ボクシングにおける身体の動き、 身体作用の妙などを考察しながら、 予想していきたいなと思っています。

両者の過去のビデオなども、 見直して分析したいと、 思っています。

今回は自分の脳裏に残っている 過去の記憶のみに頼りながら、 どんな闘いになるか予想してみたいと思います。

先ずは、 マニー・パッキャオです。

彼がフェザー級からスーパーフェザー、 ライト級、スーパーライト級、 ウェルター級、スーパーウェルター級へと 階級の階段を次々に駆け上っていく (順番は多少錯綜しますが)、  2005年(10年前)から2010年にかけての パッキャオは本当に無敵とも思える強さでした。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by asa20
  • 2015/03/01 12:55

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック