当てtoto

上位6クラブの3カードは手がつけにくい。しかし、唯一予想できるとしたら、、、

前節は1試合も当てることができませんでした。申し訳ありません。 いつ以来だっけかな。1つも当たらなかったのは、、、と言い訳がましくしたところで、今週の予想にまいります(笑 6.鹿島 vs 広島 両クラブともに優勝の可能性を残していますが、仮に鹿島が勝ってマリノスが負けたとしても、9点の得失点差を覆すのは困難な為、実質的にはマリノスとサンフレッチェの優勝争いとみていいでしょう。 ただ、広島は勝ちが絶対条件であり、もし負けると浦和の結果次第では来期ACL出場を逃がす可能性もあるため、非常に難しい立場にあります。 しかし、マリノスが大量得点でリードしていない限り、広島は引き分け狙いにはならないでしょう。ちなみに、ご存知かとは思いますが、最終節は全試合同時刻キックオフになっています。 鹿島はここにきてホームで2試合黒星を付けましたが、あまり調子の上がらない前半戦からホームでは無敗でした。 この試合は鹿島の勝ちと予想します。 3.甲府 vs 鳥栖 甲府は限られた予算の中で、非常に苦しいやりくりをしたと思います。夏の中断時には、外国人選手の入れ替え等もありましたよね。 戦跡もここ数試合は負けてませんが、勝ってもいません。つまり引き分けが多いということです。ホームでもここ2試合引き分けています。 対大分戦でも勝てなかったチーム状態を見ると、今の鳥栖の勢いを止めることはできないと考えます。鳥栖勝ちの予想です。 7.FC東京 vs V仙台 何とも平凡な成績に終わってしまった両クラブですが、もう目は来期に向けられているのかもしれません。 予想としては、甲乙つけ難い難しい試合ではあるのですが、だからこそ膠着状態から抜け出せず、ドローと予想します。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by 小幡 順
  • 2013/12/05 23:59

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック