life is ball play

諦めが悪い、という潔さ(ジャンプラージヒル・葛西紀明)

レジェントと呼ばれる人と、一緒に競技するとはどういう気持ちだろう。 レジェントと呼ばれる人は、そう呼ばれることにどういった気持ちを持っているのだろう。 ――― 鋭い踏み切り、他の選手より両手を体から話し、掌を目一杯広げ、風を少しでも拾おうとする姿。 黄色いジャンプスーツがド派手で、スローで見るとどこかしらこっけいな装いですらある。 はるか先の着地点を見る目は、ぼんやり夢をみているように遠くを見つめている。 その先にあるメダルを手にするように。 視点にぶれはない。 一本目を2位で折り返した葛西紀明。 二本目を最後から2番目に飛び出した葛西は、しっかりテレマークを入れて着地を決めた。 スキーが止まる前に、駆けよる3人の日本人選手。 一緒に入れる時間が、あとわずかなのを知っている。 見事なジャンプを祝福すると同時に、自分たちも葛西と一緒にいたい。 思わず駆けよったと言っていい衝動的なものだった。 得点が出る。 トータルでトップ。 仲間とハイタッチを交わす葛西。 最高の笑顔を見せて、興奮している様はまるでクリスマスの子どものような無邪気さすらある。 ジャンプ台は本日一番盛り上がりを見せた。 観客も葛西の偉業に胸を躍らせている。 万国共通の思いだ。 最終走者、ノーマルヒルで金メダルを獲得したカミル・ストッフのジャンプ。 トップに立つ距離を示すブルーラインぎりぎりに着地。 微妙だ、分からない。 右足を前にして、前傾姿勢になる葛西。 得点が出るまでの間が長い、長い。 得点が出た瞬間、葛西は思わず「アー、チクショウ」というように口惜しがった。 わずか1.4Pの僅差。 一・二度スキー板で地面を叩く。 本気で口惜しがっている様が、だれよりも金メダルを欲しがっていた彼の思いを表している。 その純粋さが彼をここまで引っ張ってきた原動力だ。 金メダルを取らせたかった。 それは、得点を出た後の歓声とため息が半分半分だったことからも、日本人だけではない世界の願いだったと思う。 「不撓不屈」を支えてきたのは、彼の純粋さと諦めの悪さだった。 自分の追い求めているものを諦めず、突き詰めていけるものを持っているものだけの輝き。 そうした情熱をかけられる、好きと胸を張って言えるものを持っている人の瞳はとても41歳とは思えないきらめき、そう、ちょうど年齢をひっくり返した14歳の少年のようだった。 「95%は負け。勝った時の喜びは数十倍。だからそれを味わいたくて飛び続けてきた」 と語る葛西。 7度目の五輪。 24年追い続けてきたメダルの色は銀色だった。 サッカーの三浦和良も46歳の今、現役を続けられているのは、フランスW杯に参加できなかったという経験があるからだ。 ひょっとすると今回の銀メダルは、あと4年続けなさい、というスキーの神様のいたずらかもしれない。 野球漫画「あぶさん」のような、スキー界の生きるレジェントとなるように。 ――― レジェントと呼ばれる人と一緒に競技する仲間は楽しそうで、生まれる前から競技をしている彼を見て、国を問わず畏敬の念を持つ。 レジェントと呼ばれる所以は、結果を残しているからだ。 レジェントと呼ばれる彼は、まんざらでもないと思う一方で、そんな堅苦しいものにはめるな、と思っているかもしれない。 自分はまだ、14歳のような少年のひたむきさを持つ、ただの世界一のジャンプ好きだと。 どん欲に、最高のジャンプを、最高の金メダルを目指しているだけだと。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by ballgame
  • 2014/02/16 17:52

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

諦めが悪い、という潔さ(ジャンプラージヒル・葛西紀明)

諦めが悪い、という潔さ、ですか、覚悟を感じてカッコいいです。葛西選手やりましたね。本人は悔しさがあるようですが、個人的にはかなり嬉しかったです。日本のジャンプは苦しい時代がありましたから、、、。レジェンドなどと呼ばれて素晴らしい選手であることに疑いはない葛西選手ですが、やっぱり個人のメダルという結果がより葛西選手のこれからの活動を支えてくれると思います。本当によかったです。

posted by リバプール
コメント投稿者ID:IXI00064688
2014/02/17 05:57
コメント支持(0)

諦めが悪い、という潔さ(ジャンプラージヒル・葛西紀明)

リバプールさん

コメントありがとうございます。
日本ジャンプの苦しい時代を知って酸いも甘いも知っている彼にメダルが加わったことは、リバプールさんが言うとおり、「ご苦労様」ではなく、これからの活動をさらに支えてくれるガソリンになると思います。
団体戦は銅メダル。
残るは4年後?の金メダルに向けて、1年でも長く素晴らしい活躍を見たいものです。

これからもよろしくお願いします。

posted by ballgame
コメント投稿者ID:ballgame
2014/02/18 21:26
コメント支持(0)

諦めが悪い、という潔さ(ジャンプラージヒル・葛西紀明)

初めて読ませて頂きました。

とても素敵な文章でした。
想像力豊かに、こういった表現が出来るようになりたいものです。

posted by 自由
コメント投稿者ID:jiyuu
2014/03/29 05:04
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック

02/17のおすすめ