ブラッサム・ウェイダーの戯言。

* 帰ってきた空想暴論、プロ野球の新しい年金制度を考えてみる。

って

プロ野球は 契約更改の 真っ只中 だわね(笑)

年俸に関しちゃ

若い選手達 ってのは “段階的”に 上がっていって

ある程度の 実績のある ベテラン連中は “そこに則って” ってのが どのチームでも “ごく一般的” だけれど(笑)

そのシーズンだけを 見れば 同じぐらいの数字でも “待遇”に差がある ってのは

何かイマイチ 納得できない っていうか

スッキリしないモン ってのがある んだわね(笑)

まー あくまで オレ個人的にね(笑)

ん?

例えば バッター陣で 同じ2割8分でも

まー その中身は ちょっと 置いといて(笑)

金額には 大きく差がある ってのが

ちょっと 理不尽 っていうか

不思議 っていうかね(笑)

ん?

世間一般 ってのは

“働いた分”を 貰うだろ?

新卒で 会社に就職する時に “契約金”なんて 聞いたことがないし(笑)

出来高制とかでも 給料が 1年後で3倍になる

しかも ウン千万円単位でね(笑)

そんな話なんて お目にかかったことがない からね(笑)

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by baseballforever
  • 2017/12/06 04:27

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック