アナグラム的分析ラボラトリ

3年連続Bクラスが調子に乗るな

55/143 通算成績 31勝22敗2分

メットライフドーム 観客数 21,390人 試合時間 3時間6分

1回戦 De1勝

横浜DeNA 020 000 002 4 000 000 300 3 埼玉西武

勝 パットン3勝2敗8S S 山崎康1勝1敗7S 敗 増田1勝2敗12S 本 田中浩1号(2ラン 2回) 宮崎4号(2ラン 9回)

ヒット De7 西10 エラー De0 西1 盗塁 外崎(9) 捕逸 嶺井(5回) ボーク 砂田(7回)

バッテリー

横浜DeNA 井納(6.1/3)→砂田(2/3)→◯パットン(1)→S山崎康(1)-嶺井、戸柱

埼玉西武 菊池(8)→●増田(1)-炭谷

得点経過

2回DB:田中浩、レフトスタンドへツーランホームラン 7回L:金子侑、右中間を破る2点タイムリーエンタイトル二塁打 7回L:源田、ショートゴロの間 9回DB:宮崎、レフトスタンドへツーランホームラン

連勝はいつか止まるものだ

しかし今夜の試合も含めてチーム全体に野球を舐めてかかる節が見受けられるように思う

2回の田中浩康に打たれたホームランは下位打線の初球で見てくると思ったのか簡単にストレートを投げてしまった

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by benhou4e77
  • 2017/06/09 21:50

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(8)

筒香を抑えられるイメージ

帰宅の電車の中、9回表の場面、筒香を抑えるにはの最善策のイメージ、雄星続投しかないのではと思ったのですが、増田へスイッチ。嫌な予感がしたら案の定、筒香には粘られ結局四球。宮崎にも同じく粘られ、結局苦し紛れに甘いコースに直球が吸い込まれ被弾(HRだけは避けなくてはいけない場面で最悪)。
彼はタテの変化の決め球がないので、超一流打者とのしびれる場面では、確率高く抑えられというイメージがどうしても湧かない。本人、どう考えているのか聞いてみたい。
スポーツ誌のサイトでも、雄星自身続投したかった(信頼がなかったからとの自虐的な拗ねたコメントも)のコメントあり。痛い敗戦、相手を勢いづかせることに加え、雄星自身のモヤモヤを生み、モチベーションの心配も発生してしまった。明日の佐野が、難しい状態でマウンドに上がらなくてはならないことも。HPで首脳陣の、敗戦の理由や反省コメントが無いのも腹立たしい。
筆者に質問。なぜ木村を支配下登録、即昨日からスタメンなのか。足も打撃も中途半端、守備はお世辞にも上手いとは言えない。今日も無死一塁で簡単に併殺打。結果水口が代打に出て殊勲。中村の故障が影響しているのでしょうけど、だったら水口スタメンか、呉か永江の昇格が良いのでは。もう、あの2年前の悪夢のメンバーはご退席頂きたいので。

posted by chibalions
コメント投稿者ID:chibalions
2017/06/09 23:14
コメント支持(0)

>chibalionsさん

辻さんの言葉を借りれば先を見越して雄星に余力残させたと言う所じゃないですか

増田は縦のカットボールとカーブ、フォークも投げられるんですけど

日曜に書いたように炭谷さんが真っ直ぐで押したがるリードなんですよね

彼の場合痺れる場面は周りが見えないタイプだと思うので宮崎の打席前に

「変化球も使って1人ずつ切っていこう」と土肥コーチがマウンドで指示出していればなと

木村昇吾はわざわざテストまでして拾った選手であると言うフロントの圧力と

サード守れる選手が永江の抹消期間まで似たり寄ったりという所だったからじゃないかと

.214の打率なら林崎の方がマシに見えるんですけどね

こんなアホな負け方しましたが

明日の予告が平良投手になったのは地獄に仏

佐野がハイボールヒッターロペスと宮崎を抑えこめるか不安ですが

ライオンズからすれば勝算五分五分の試合なので

今夜の内容を反省して謙虚にプレーをしてもらいたいです

posted by benhou4e77
コメント投稿者ID:benhou4e77
2017/06/09 23:58
コメント支持(0)

コーチ陣の対応は?

ご回答、誠に有難うございます。
炭谷の件、筆者が明確に分析されていること(私にも多少はリードの不味さは分かりますが)、なぜ首脳陣は分からないのですか?(指導しないのか)。それとも指導しても実行出来ない、銀仁朗の能力の問題(キャッチャーとしての野球脳の問題)ですかね。ここ数年でバッテリーコーチも結構変わっていますが、もう全員、炭谷のリード面には諦めている(イヤ、逆に任せっきりにしている?)のですか。こうなると、岡田の積極的起用、森の復活を希望するしかないのですかね。確かに、炭谷のリードで勝てましたとの投手のコメント、殆ど聞いたことないですよね。
佐野、確かに筆者の仰る通り、ロペスと宮崎、そして桑原に対する投球が鍵ですかね。木村、明日スタメンとして使うのか注目です。キャンデラリオと同じ理由?、フロントの球団の私物化は許せません。

posted by chibalions
コメント投稿者ID:chibalions
2017/06/10 00:21
コメント支持(0)

>chibalionsさん

ライオンズは永らく伊東捕手時代が続いていたので

キャッチャーのリードは基本正しいと言う認識が引き継がれている様です

ナベも打たれると「ピッチャーの気持ちが足りない」と良く言ってましたし

辻さんは専門外だしバッテリーコーチは毎年変わるので強く言えない部分もあるのかと

銀のおかげは去年まで岸がテンプレで言ってました

まぁ〜ヒーローインタビューに上がったピッチャーはだいたいキャッチャーのリードが良かったと言いますね

どこの球団も

炭谷は落ち着いた状態であれば大局的に色々と伏線張るんですが

9回のようなちょっと押され気味の所は視野が狭くなるのは昔から思うところなんですけどね

岡田も森くんも一長一短があるので組ませる投手との相性かなとは思うんですけど

桑原も調子上がってきているだけに厄介ですね

オリックス戦の様に低めに集まれば前回と同じ様な投球になると思います





posted by benhou4e77
コメント投稿者ID:benhou4e77
2017/06/10 02:12
コメント支持(0)

3年連続Bクラスが調子に乗るな

>炭谷のリードで勝てましたとの投手のコメント、殆ど聞いたことないですよね。
ついこの間岡本洋介が炭谷に任せっきりでとにかく信じて投げたというコメントしてましたよね?
昨年も雄星あたりが銀さんのミットを信じて投げましたとヒーローインタビューに選ばれたときは毎回のようにコメントしていたと記憶していますが。
ただ炭谷が嫌いだから叩きたいだけのように感じます。
それに複数の球種を持っている投手でも1試合ではその日調子のいいボールを軸に2,3球種くらいしか投げないと聞きます。
試合前や投球練習の段階で他の球種は使えないと判断したのでは?
特に落ちないフォークほど打ちごろの球はありませんし。
得意のはずのスライダーも大してコントロールできていませんでした。
野村監督の影響か近年のファンは打たれると簡単に捕手の責任にする傾向がすぎる気がします。
これでは岡田や森がいずれメインでマスクをかぶるようになってもしょーもないことでリード批判されるようになりそうですね。

posted by aaaa
コメント投稿者ID:TCE00077223
2017/06/10 00:42
コメント支持(0)

>aaaaさん

増田のルーキーから今年までのストレート比率を見ると

1年目が60% 2年目から去年まで65%前後

今年は72%まで上昇していました

被打率が.212→.245

今夜も含めてストレートの比率が増えて被打率が高くなるのはファールで粘られてるのに

続けた結果ヒットを打たれているのでピッチャーだけの責任ではないと思います

リードで打たせられないなら全球団注力するでしょうし

コントロールミスする投手がいればリードも成り立たないのは事実

だけど僕が書きたいのはこうすれば勝てたと言う妄想ではなくて

ピッチャーが明らかに苦しむだろう一球を投げさせる前に

何か違う発想を出せればいいのにと言う提言をしたいなと

あくまで個人の願望ですからご容赦していただけたら幸いです

posted by benhou4e77
コメント投稿者ID:benhou4e77
2017/06/10 02:39
コメント支持(0)

難しいですね

ご回答、有難うございます。第三者の方からもコメント頂いておりますが、投手のコメントなんて、私は100%本心からだとは思いませんし、儀礼的な部分が含まれている事が多い気がします。(一般社会でも、自分の仕事の成功に対して、周囲の協力を、本心からでなく一番の理由にする方が無難ですから)。
帰宅して、悔しく苛立ちながらも映像見ましたが、もちろん投げた増田の問題が多いかと思いますが、2ストライク追い込んでいるにも関わらず、宮崎にあれだけ踏み込んでフルスイングされてHR打たれることは、多少なりとも球種が読まれていた、絞り込まれていたとしか思えません。苦しいながらも、相手の動向を察知し狙いを外す工夫をするのが捕手の仕事と、私は個人的に思います。ロッテの田村捕手などは、伊東監督の教育なのでしょうか、常にバッターの仕草や動向をキョロキョロ見ているのを、TV画面でよく見ますが、炭谷捕手は、どちらかと言えば淡々とサインを出している映像が多い気がします。
まあ、80年代から90年代の黄金時代を見過ぎた弊害なのかも(91年、92年の西武-ヤクルトの日本シリーズ、森対野村、伊東対古田の、奥深い対決、1球の意味が数多くの場面で勝敗を左右していたのを見て、捕手の重要性を体感したことのオールドファンの弊害ですかね)しれません。個人的な感想なので聞き流して下さい。
前日則本は完投して記録に花を添えていました。だから余計に雄星の交代に疑問を持って見てしまい、被弾で負けた結果に多くの方の批判が沸き上がっているのかもしれません。

posted by chibalions
コメント投稿者ID:chibalions
2017/06/10 08:46
コメント支持(0)

ご回答ありがとうございます。

私も決して炭谷が西武で1番いいキャッチャーと主張するつもりはありませんし、そろそろ世代交代を意識しないといけない時期でメインマスクをかぶっている彼に風当たりが強くなるのは仕方ない一面があるのは理解しています。
リードだって見ている人が首をかしげるようなリードをしている時だってあるでしょう。
しかし、結局打たれるのか抑えるのかは投手の投げるボールに大部分の比重があると思うのです。
名捕手と名高い古田や伊東が受けても燃えるときは燃えていたのです。
ブライアントに4打席連発されたときの捕手はほかならぬ伊東です。
まして昨日の菊池と増田はHRを打たれるまで変化球の制球が定まっておらず、下手に要求すると苦しいカウントになるだけでした。
増田が打たれたHRに至ってははっきりインコースに構えたにもかかわらずど真ん中の失投です。
HRは最悪の結果ですがプロならあそこを打てない打者はそういないでしょう。
ほかの球を待っていても体が勝手に反応するレベルのクソ甘いコースです。
これをリードのせいにするというのはやはり私としては捕手が気の毒に思えるのです。
それに球種にかんしては投手にだって首を振るという選択肢だってあるわけです。
守備のエラーやチャンスで三振などで批判されるならまだしも、結局正解はわからないリードで批判されるというのは結構理不尽だと感じるのです。

ちなみに私も木村昇のスタメンは疑問です。
頑張って欲しい選手ではありますが下で結果を出してるわけでもないし、守備走塁に小技が特別優れているわけでもないですし、まだ下で頑張っている山田に1軍を経験させるとかの方が納得がいくのですが。

posted by aaaa
コメント投稿者ID:TCE00077223
2017/06/10 14:01
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック