白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】小川佳純による啐啄同時(そったくどうじ) ~はたしてアルビのヒナたちは殻を破ることができたのだろうか?~

12月5日の新潟日報の「オレンジスタイル」。内田潤コーチと黒河コーチの対談コラムと、その前日の退任した呂比須さんのインタビュー記事は面白かったです。二つを重ねて読むと、なんとなく今年のアルビの「なぜ迷走したか」の部分と「なぜ迷走から立ち直れたか」の部分が、何となくだけど、理解できたような気がしました。   「なぜ迷走したか」について。 アルビは三浦体制で、1勝2分け8敗(11試合)。呂比須体制は9/30の28節までで1勝3分け12敗(17試合)。このときは16試合連続勝ち星なの状態で惨憺たる成績で、29節ガンバ戦の勝利から最終節までで5勝1分け0敗の6戦連続負けなし急上昇の成績を上げた。 サポの中には終盤の6戦負けなしの成績だけを評価して、呂比須さんを辞めさせるのはもったいないとかいう人がいたけど、4日の日報を読むかぎり騒霊はまったく反対の立場です。 むしろなぜもっと早くに解任しなかったのか。フロントの危機感のなさにがっかりしましたね。 そして日報記事の冒頭で、呂比須さんはこう答えておりました。

シーズン途中からのチーム作りの難しさもあり、「時間が欲しかった」と繰り返し強調する。 「ファーストステップに2カ月かかった」

この発言を読んで騒霊はプチ激怒しましたよ。呂比須さんにはどんだけアルビは時間を与えたと思ってるんだろう。5月20日の12節から12月2日の34節までシーズンのほぼ三分の二の期間を与えたのに、「まだ時間が足らなかった・・」って何を考えてるんでしょうね。これ以上の時間を与える行為はまさに砂漠に水を撒く行為に等しいと思いますよ。まったく。。   正直。プロ監督としてその姿勢はどうよ。と思いますよ。 そもそもプロフェッショナルって二つの側面があって、一つは「誰も成し遂げてない究極の目標や結果を追い求める。そのためには金も時間も度外視して匠の境地を追求する」という側面があります。料理人にたとえれば超一流のジェフですよ。三ツ星レストランのシェフとか、料理の鉄人とかね。最高の食材を使って、最高の技術と、最高のおもてなしで、料理の道を追求するみたいなシェフ。 もう一つのプロフェッショナルっていうのは「限られた食材や道具を使って、限られた中での最善の結果を追求する」という安いんだけどもお値段以上の価値を与えられるみたいな職人。冷蔵庫の中のあり合せのものを使って、それでもこの料理を食べられて幸せだなと感じるおふくろ料理を作るシェフ。それもまたプロフェッショナルといえると思うんですよね。 プロには両面が必要で、その状況状況によって前者後者を使い分けができなければならない。それがプロだと思うんですけど。 呂比須さんはなんなんでしょうね。前者なのか後者なのか。たぶん本人は前者でありたいと思ってるんでしょうね。それでも、やっぱりかなり勘違いしてますよね。だって自分が指揮してるクラブは残留争いをしている資金力もない地方クラブなのですよ。ご自分の立ち位置っていうか、現状認識がどのくらいできておられたんでしょうね。 アルビがガンバだったらそれもまた正しいんでしょうけど。でもアルビはガンバみたいに後ろに大企業の支えなんてなんですからね。そもそもそういうことならそもそもの現状の分析のところから、はじめっから間違えてたわけで。。やっぱり、とぼけた監督ですよね。まあそういう監督だったということがしっかり理解できた。そういう意味で、日報の呂比須さんの記事はいい記事でしたね。グッジョブ、新潟日報。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by 騒霊
  • 2017/12/06 16:55

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック