白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦

終わっちゃいましたね。なんかたった一つのミスで負けるってホント悔しいですね。 でもまあ、そもそも関塚ジャパンは「永井大作戦」しか引き出しがなかったわけで、そのたった一つの冴えたやり方が通用しないと、手も足もでないというのは始めから分かっていた訳ですから、しかたないんですけど。 でも前回のメキシコ戦で経験したのに、性懲りもなく同じことをまた繰り返すという関塚さんの頑固さにはほとほと呆れてしまいました>< でも韓国に負けるっていうのは悔しいですね~>< 女子サッカーは別になんですけどね。 オスプレイやTPPとかいろいろアメリカに反感はあるんですけどね。でもそういう政治マターとスポーツは双方ともに別個の問題と考えてるわけで。 だからなでしこが負けても、選手たちは互いにエールを送りあって握手して終わる。そういうある意味夢の世界をスポーツに感じられる幸せがあるのに。。。 なんなんでしょう。 この男子サッカーの後味の悪さって>< そもそも徴兵免除と賞金賞品などの勝利給などのオプションを同列にしちゃだめでしょう。基本、兵役はいわゆる血税っていわれるくらい命に直結する意思があって初めて成立するわけで それをスポーツに、勝ったら免除っていうオプションを持ち込む韓国っていう政治風土、それを許す国民意識自体、そもそも違うでしょうって思いますよ。IOCもそんなのを許しちゃだめでしょう。 でもそれがスポーツの現実なんですよね。悲しいけど。 一応これでパクチュヨンはじめ韓国の選手は、 心置きなく海外挑戦できるし、まあ本人たちにとっては幸せなんでしょうけど、逆に考えればこの勝利によって、この問題点が覆い隠された形になったわけで、ある意味次世代の韓国のサッカー選手にとっては未来永劫修羅の世界が続く。オリンピックやW杯などのビッグイベントに勝ち続けなければならないという、なんか歪なスポーツとの向き合い方を彼らはし続けなければならないわけで、その意味で韓国の子供たちにとても同情してしまう騒霊です><。 一方、肝心の日本なんですが この二試合ついていえば やっちゃいけない人がやっちゃいけないタイミングで やってはならないことをやってしまったわけで マヤといい徳永といい、顔を洗って出直してきなさい、と叱咤したいのですが、 まあそれをいっちゃうと、そもそもOAを選ばなきゃいけなくなった原因は誰よ、とか言われそうなので騒霊としてはあまりそこを突っ込みませんよ(汗)><。 とにかく大輔も高徳も怪我もなく無事終われたわけだし、 特に大輔は全試合出場して、得がたい経験をさせてもらったわけで、その意味で関塚さんにはありがとうといいたいですね。 欲をいえば高徳ももうちょっと出してほしかったけど、まあしょうがないですね。 いつの間にかフル代表のほうにも呼ばれちゃったみたいだし。。 シュツットガルト指揮官、高徳A代表招集に不満 で向こうの監督が怒ってるみたいです。当然ですよね。清武や酒井宏は呼ばれてないし。こうまでして召集したのに結局試合に出さないパターンって結構ありますからね~はたしてどうなるんでしょう。 まあ高徳はどっちにしても怪我だけはせずにがんばってほしいですよ。 ベスト4。 とにもかくにも、これでロンドン五輪は終了しました。 面白かったですよ。 ありがとう!大輔 ありがとう!高徳 胸を張って戻ってきてください。今度は新潟とドイツ、それぞれの舞台でまた騒霊を楽しませてください。おつかれでした! blueja-202429.png にほんブログ村サッカーランキング nationalteam106_24_3 jleague106_24_31 albirex106_24_1 ※あなたのクリックは騒霊のランキングに加算されることになります。 ※クリックは1つで。複数回押してもらっても1回分しかランキングに反映しません。 クリックありがとうございました。ブログ更新の励みになってます。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by 騒霊
  • 2012/08/11 11:48

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦

>逆に考えればこの勝利によって、この問題点が覆い隠された形になったわけで、ある意味次世代の韓国のサッカー選手にとっては未来永劫、オリンピックやW杯などのビッグイベントに勝ち続けなければならないという、

韓国政府が、スポーツで優秀な成績を収めた人間に対する兵役免除制度を無くしたとしても、スポーツ選手やアスリートが勝利を追及するのは当たり前のことでは?
兵役免除制度があるから次世代のサッカー選手が「未来永劫」「勝ち続けなければならない」というのはちょっと論理が飛躍しすぎていると思う。

ましてやIOCに、一国の兵役免除制度に口出しできる権利があるはずもない。
(「オリンピックでメダルが取れなかったら、一般人よりも兵役期間を増やす」という制度があるのならばともかく)

posted by あちゃ
コメント投稿者ID:OOH00043905
2012/08/11 22:46
コメント支持(0)

あちゃさん、横レス失礼します

僕は騒霊氏に同意です。
僕が思うに、文化とかスポーツが国なりに支援を受けることは有るべきだろうと思うのですが、兵役免除と成果を取引するなどとなると、それは隷属に近いのでは?と思うのです。
スポーツで人間の精神や肉体を気高いものにするぞ!と言う高々とした理想やスポーツに対する哲学、スポーツを愛する者の尊厳、スポーツを愛する自由、と言ったものを獲得できないでスポーツに取り組まなければならない事に、可哀そうと思うのです。政治に対するスポーツの敗北とさえ思うのです。上手く言えないですけど。

少なくとも兵役免除は、報酬でもご褒美でもないですよね。政治装置に組み込まれた歯車ですよね。僕はそう思います。

posted by kuma
コメント投稿者ID:IXI00012705
2012/08/12 00:19
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦

メダル取ったら兵役免除はずっと続いていることだし今さらね
アジア大会でも優勝したら免除だし

良いか悪いかは別にして韓国の完全な内政の問題なんだからIOCに口出す権利も必要も無いでしょ

posted by ふる
コメント投稿者ID:OOH00043948
2012/08/12 05:20
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック