白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

ブラジル戦。4-0。4失点のいうのもいただけませんが無得点というの何だかなって感じです。 早い時間で先制されたのが痛かったですよね。 ミドルシュートでやられたのも日本らしい。 個。個。個。 やっぱり個でした。 日本も海外組が増えて個のスキルが上がったとはいえ、個はまだまだです。 研ぎ澄まされた感っていうのを感じません。 遠征前にザックは「タフな試合がしたい」と言ってましたけど、日本代表はタフになってたか? タフだったか? ブラジル戦に限ればそうではなかった。そんな気がします。 ■ブラジル戦は、内田が45分。酒井宏も45分。 注目してた内田。 予想通り先発でしたね。パフォーマンスもイメージどおりでした。 ただ前半で交代はちょっと驚きました(もうちょっと引っ張るかと思いましたが)でもまあ仕方ないです。良くも悪くも内田でしたから。 やっぱりリスキーという印象は変わらなかったです。 でも交代して入った酒井宏もまああれでしたからね。 所属チームでポジションも取れてないわけですから、この結果も致し方なしです。 で思ったのはやっぱりザック的には酒井への期待値はすこぶる高いのだな、、と、これだけは間違いなさそうです。 現段階で考えれば右サイドの総合的な評価、つまり順列は ①内田 ②駒野 ③酒井宏 でしょう。 でもブラジルW杯まであと1年半。長いといえば長いですが、代表で集まれる時間は短いですから。 もしかしてザックはまだまだな面があっても酒井宏を使い続けるかもしれませんね。 内田や駒野はほっといても頑張るでしょうし、酒井のポテンシャルは高いですから、もし間に合ったら日本代表にとってとても大きな力になるわけですから。。 これからは ①酒井宏 ②内田 ③駒野  になるかもしれません。 今後のザックの選択は楽しみです。。。 もちろんそのためには酒井は結果を出さなければなりません。所属チームでもポジションをとる必要があります。 ただここ半年くらいはその結果がなくてもザックは彼を抜擢し続けてもおかしくない。 騒霊はそんな気がします。 以前サカマガでこんなザックのインタビューがありました。  ――選手やチームの状態をみるうえで意識していることはなにか

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by 騒霊
  • 2012/10/18 11:58

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(9)

Re:【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ 〜サイドバックに求められるもの〜

高さのあるSBいれば、ザックお好みの343に選手交代なしで移行できますからね。内田か長友にCBは厳しいですもんね…。

posted by mk082063
コメント投稿者ID:mk082063
2012/10/18 22:12
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

同じ技量なら、より高さのある方ってのは、ザックに限らず誰でもそうなりますからね。
今のところは吉田に次ぐ育成枠なのは確かでしょう。
本選までを視野に入れれば、おっしゃられる通り3-4-3の3CBの一角にも考えてるでしょうし。

フォーメーションが噛み合ったフランス戦と、同じフォーメーションのブラジル戦。
ザックとしては日本の立ち位置が確認できた、まさに願ったりかなったりのテストマッチだったでしょうね。
個の現時点の力量も測れたし。
予選突破が決まれば、コンフェデまでに選手入れ替えて、コンフェデ後に再修正の上、それを熟成して本選へ。

南アの4-1-4-1、現行の4-2-3-1、ザック得意の3-4-3、気の早い連中が唱えている3-5-2という4つのフォーメーションを対戦相手や戦況によって切り替えていく。
選手交代を最小限で行えるよう、戦術理解度の高い人&複数ポジションこなせる人に収斂していくのでしょう。

ザックの3-4-3にトップ下は存在してないことを分ってない人が選手にもいるのが残念だけど。

posted by nabe
コメント投稿者ID:OOH00011849
2012/10/18 23:43
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

騒霊さんのおっしゃる通りやと思いますね。
正直、内田にはまだまだ安定感も足らないと思います。守備面ではドイツでプレーしているので当たりもガツガツいってますしなにより頭の良いディフェンスをしていると思います。ただ最近はビルドアップの時のミスの多さが少し気になりますね。
長友や駒野に比べれば安心して見れないです。
酒井に感して言えば全てが残念でしたね。守備面では相手に付いて行けてないですしCKなどのセットプレーでもヘディングが当たらない、かぶってしまうなどこの2試合でも不安定なプレーが多く見られたと思っています。
攻撃に関しても上がるタイミングが悪いなぁ~と。センタリングもほとんどあげていないので自分の良さを出すために周りとコミュニケーションをとって欲しいですね~。
今の日本はSBにはよい選手が多いので楽しみです。
長々とすいませんm(__)m

posted by 大阪人
コメント投稿者ID:ELG00046785
2012/10/19 04:41
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

高さも理由の1つだと思うけど、CBというより3バック時のWBを想定してると思う。今のインテルの長友みたいな。

酒井を起用しているのはポテンシャルもあるけどタイプの違いが理由かな?って思いました。

posted by モウリスタ
コメント投稿者ID:OOH00046672
2012/10/19 05:25
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

管理人さんは、クラブと一緒に考えてはいけないとおっしゃりますが、クラブで試合に出られないサイドバックは90分走れないですから。酒井に関しては、早く試合にでられるようにならなければいけません。代表戦前の試合、ライバルのチェルンドロは体調を崩して練習にも満足に参加していない
状態だったにも関わらず、酒井はベンチスタートでした。
本当にピンチだと思います。
ウィンターブレイクまでにインパクトを残して戦力として認められなければ、また新しい選手が入って来てますますチ
ャンスは無くなるでしょう。日本の様に成長を待ってはくれません。
欧州リーグの選手の基準では、もう決して若くないのですから。ポジションを奪えなければ、日本代表のレギュラーうんぬんの話なんてありません。長谷部とは違うのです。

posted by まあそれ以前に
コメント投稿者ID:OOH00039934
2012/10/19 07:21
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

フォーメーションに選手当てはめると、その人のサッカー観がでますよね。
ちなみに、本戦時にザックの3-4-3を今までの選考メンバーで組んだ場合の私の理想とするメンバーは、宮市-香川-宇佐美、長友-本田-今野-内田、高橋-吉田-酒井という、ツッコミどころ満載の布陣ですが、高さがあってつなげる後ろ、攻撃の起点とフィルターになれる中盤、決めきれる前、交代枠最小での布陣変更可能ということで。

さすがに対W杯ベスト8常連レベルですと、1対1で何とか通用するのがギリギリ本田だけなんで、相手のフォーメーションにかみ合わせてアップセットを狙うか、引き籠ってのカウンターでいくしかないんで、固定したフォーメーションで議論してもしようがないでしょうけど。

まあ、代表メンバーの大半が海外組とか、どんな相手でも相手のフォーメーションに合わせて戦えるレベルとか、日本の入るグループが死の組確実とかってのは、Jリーグ以前からサッカー見てた者からすれば、隔世の感がありますけどね。
死ぬまでには、W杯優勝が見れるかもって期待しちゃってますし。

posted by nabe
コメント投稿者ID:OOH00011849
2012/10/20 03:46
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

興味深く拝読いたしました。
内田・酒井の現在地、ザックの意図、SBに求められるものなど、管理人さんの見解にほぼ同感です。


しかし、今回の欧州遠征での采配については大いに疑問です。
基本どちらも成長して欲しいと思っていますので、内田・酒井の個々の能力うんぬんという点ではありません。
そもそも日本代表って何でしょうか。


監督は「試合はウソ発見器」と言っています。なるほど。その点酒井は所属クラブで試合に出ていないのでウソ発見器にかけられませんでした。じゃあフランス戦でテストしてみよう。


…待て待て待てっ、「日本代表の試合に出る」
このハードルはいつからそんなに低くなったのでしょうか。


親善試合=テスト。しかし、今回の欧州遠征はただの親善試合ではありません。ザックJにとっても初であり、言わば主力組にとってもテストなわけです。メンバーもずっと「アウェーで強豪国との対戦が必要」と意気込み十分なコメントをしており、主力組も力試しである試合です。


A代表のメンバーは現在ほぼ固定されており、日本代表に入りたいと目指している選手(特にJリーグ)にとって高い壁です。しかし、今回の乾のような「所属クラブで結果を出す→召集される→試合でテスト」という例もあり、これが本来の流れではないでしょうか。では今回、乾・清武と同じようなチャンスを酒井に与えるべきだったでしょうか。同等に並べるべきではないし、その資格すらなかったように思います。

潜在能力や伸びしろがある選手は他にもたくさんいます。本当に育てたいのであれば、酒井には「期待しているから、所属クラブでしっかりと結果をだして這い上がって来い」と言うべきで、それから召集→テストでいい。オマーン戦で勝利したらその後いくらでもテストできます。

他所ではブラジル戦で内田の動きが悪かったからという意見もあります。では他の選手で良かった人いますか?と言いたい。先にも述べたように、主力組にもテストでありチャレンジだったわけです。主力は経験のある選手ばかりなので、前半多少悪くてもハーフタイムで確認しあい、後半に結果を出す…という事もあります。でも内田にはそのチャンスも与えられませんでした。

今回の起用はサプライズでもチャレンジでもない、この遠征に対しきっちりとコンディションを仕上げてきた選手のチャレンジの機会を奪い、将来を期待される若手を心無い中傷の矢面に立たせただけと感じます。


今回の遠征で今まで「試合で酒井を見てみたい」と言っていた層が手のひらを返しているのをよく見かけました。勝手なものです。しかし世論ほど怖いものはありません。
このまま次のオマーン戦まで、内田・駒野・高徳が今スタンスに試合に出続け、出場機会の無いまま酒井が召集されたとします。そしてオマーン戦で酒井が先発で起用されたとしたら…、より酒井対する風当たりは厳しくなると想像できます。
そうなると誰が辛い思いをするのか、それは酒井自身です。
監督の起用法ひとつで選手の運命は変わります。
監督の好みで起用された、という印象が付くのは選手にとって一番避けたいことで、本人の努力以外で選手の成長を止めるのは避けて欲しいと願います。日本代表なのですから。


長々と失礼いたしました。

posted by 日本代表って…
コメント投稿者ID:OOH00046844
2012/10/21 03:01
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

岡崎と遠藤に関して、おっしゃりたいことは大体想像つきます。
理想メンバーには、期待値が思いっきり入ってます。
吉田、宮市、酒井、高橋、宇佐美といった育成枠の成長に、宇佐美の守備力向上>清武の積極性向上>岡崎のテクニック向上とか。

高橋は酒井以上にまだまだではありますが、センターバックとボランチができるのが魅力的です。
本選ではさらに高齢化する今のボランチでは、今以上は期待できず、強豪国相手にはアンカーが必要にならざるを得ないとなると、南アW杯と同じですし。

ザックは相手のスタイルに合わせながら選手あてはめてるので、問題は(議論するとすれば)、そのポジションに置かれた選手が、あたえられたタスクを理解した上で実践できているかの方ですかね。
まだ、ザックの引き出しですら出しきれていないですから。

身も蓋もない言い方をすれば、現代サッカーは、サッカーを教わったことのない小学生がやってる(ボールを中心に人が集まる)サッカーを組織的にめちゃくちゃ洗練させる(アメフト、バスケ、ハンドボール等の戦術を導入する)という方向に進んでおり、それぞれのポジションに求められるタスクが半端なくなってますので、一芸に秀でているだけのオールドタイプのサッカー選手にはきつい時代です。

家長あたりが覚醒してくれると助かるんですけど。

posted by nabe
コメント投稿者ID:OOH00011849
2012/10/23 03:58
コメント支持(0)

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

大分前の記事へのコメントで申し訳ありません。

一つ分かったことがあったので、報告させていただきます。
騒霊はサッカーに相当詳しいと思いますが、ブンデスリーガなどのニュースも見ていますか。
私はそちらもチェックする方です。

フランス戦の後からブラジル戦の前の間に、内田は怪我をしていたようです。それ故に、ザックは出場時間を短くしたのではないでしょうか・・・。

posted by arasi
コメント投稿者ID:OOH00046646
2013/01/07 03:34
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック