白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~

サンデーモーニングをみる。 あいかわらずの張本さんですね。でも、彼の言ってる「日本代表監督は日本人であるべき」という主張は同感です。 サッカーはその国の文化に立脚しています。ボスニア出身でフランスサッカーの中で薫陶を受けた東欧のボナパルト。彼の思考と行動に、ユーゴの混沌とフランスの美学と合理思想と中華主義が見え隠れします。就任して約1年、やっと日本人の気質はヨーロッパ人と違うということを理解できたくらいで、サッカーとして彼が何を日本代表に新しい知性を植え付けたかという観点で見れば、まったくないといってもいいでしょう。 オシムさんは哲学者といえるくらい賢かったですが、ボナパルトはトルシエなみに遅いし緩い印象です。 このまま彼がワールドカップにいっても岡ちゃん以上の成績は出せるでしょうか。うまくいってベスト16。決勝トーナメント進出くらいのものだろうと考えます。それさえも今の日本代表とって成果といえるべきものかもしれませんが、それでは悲しすぎるでしょう。   でも、これが日本人代表監督であれば、たとえ目標達成できてもできなくても、代表監督が終わって次はJリーグで代表の経験が受け継がれていく、そう思います。いい例がフランスW杯の岡田監督です。岡田さんは代表監督を退いたあと横浜Mでタイトルをとり結果をだしました。その後いろいろあって、南アフリカW杯のベスト8は偉業を達成します。その偉業も元を質せば日本代表監督の経験にあったわけで。南アフリカの奇跡の始まりは、フランスW杯のアジア予選の監督交代劇であったことは言うまでもないでしょう。チャレンジしなければ大きな果実は得られることは絶対ないはずなのなのです。   その意味で日本代表監督には日本人であるべきという声に騒霊は共感します。 そして今一番日本代表監督にふさわしい日本人は誰か? 今年のチャンピオンシップの決勝戦は、そういう裏テーマがある、そういっても過言ではないはずです。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by 騒霊
  • 2015/12/06 11:09

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック