BOAT RACE ビッグレース現場レポート

シリーズ優勝戦 極々私的回顧

救われない自慢話 boatrace-453458.jpg'11R  進入順 ①前本泰和(広島)04 ②山口 剛(広島)08 ③桐生順平(埼玉)04 ⑤江口晃生(東京)09 ④徳増秀樹(静岡)19 ⑥茅原悠紀(岡山)10'  桐生の全速アタックを受け止めて、前本がしっかりと逃げきった。勝因はいろいろあるだろうが、やはりスタートがでかかった。昨日まで平均コンマ20、一度も早いスタートがなかったところが、今日はバチッとコンマ04! こうなれば、節イチのパワーがモノを言う。くるりと回って桐生以下を一気に突き放し、SG初優出にして初優勝を確定させた。おめでとう、前本! boatrace-453459.jpg うーーん、ここまで書いたところで、自慢したくてウズウズしてきた。自慢させてください。2連率21%、地元記者さんの前評価も『D』だった前本34号機を、前検の足合わせとスタート練習で「節イチはこれだ」と確信した。スタンドから記者席に戻り、黒須田に開口一番「優勝は前本!」と言い切るほど妙な自信があった。もちろん、勝因は機力だけではないけれど、前本の優勝は今後のパワー診断への自信にもつながると思う。 boatrace-453460.jpg あ、さらに自慢するなら、ダービーでは瓜生正義、チャレンジカップでは森高一真、賞金女王シリーズでは山下友貴を節イチ候補の筆頭格に挙げているので、4節連続「節イチ的中」ということになる。え、それでどうして舟券は毎節ボロ負けなのか?? 今節、一度も前本で大勝ちしていないのか?? それは……私が皆さんに聞きたいですっ!!(涙) (photos/シギー中尾、text/畠山)

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2013/12/23 19:21

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック