BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――あまりにも濃密な準優!

 とにかくアツかった準優3バトル。いずれもが実に濃い戦いとなった。それだけに、ピットの様子もまた濃いものとなった。レースを追ってお伝えしよう。

●10R

 ピット内が騒然としたのは、やはり辻栄蔵の猛追だった。2番手を走る毒島誠を執拗に追いかけた辻。毒島がリードして迎えた3周1マーク、ここでピット内に悲鳴があがった。声の主は桐生順平だ。同じ関東地区のニュージェネレーション同士。いわば盟友である毒島が、まさかのミスターンをしてしまったのだ。開いた内を辻がくるりと小回り。これで辻は毒島に完全に追いついた。3周2マークで辻が毒島を捌いた瞬間、桐生の叫びは溜め息に変わっていた。  ピットに戻った毒島は、天を仰いだ。ヘルメットのなかではきっとうめいていたことだろう。池上カメラマンが「ニュージェネって抜かれたことあるんですかね?」と言った。たしかに。ニュージェネレーション、というか特に毒島は、これまで何度そのスピードターンで前を抜き去ってきたか。その毒島が、ターンが流れたとはいえ、逆転されたのだ。これは屈辱だろう。もちろん、ほぼ手中にしていた優出を逃した悔しさはもっと大きい。毒島にとって、もしかしたら最近もっとも後悔が残るレースだったのではないか。  一方、辻は歓喜をあらわすというよりは、苦笑いを浮かべていた。翻訳するなら「疲れたぁ~」か。あるいは、「危なかったぁ~」かも。1号艇を活かせずに優出を逃すという、もっとも悔しい事態になるところだったのだ。普通のSGでもこれは悔しいわけだが、それが待ちに待った地元SGともなれば、悔しいだけでは済まない。大逆転の会心に酔うよりは、まずは安堵の思いが前面に出るのが自然というものだろう。  カポック着脱場で顔を合わせた辻と毒島。毒島は開口一番、「まいりました!」と脱帽してみせた。辻は笑顔を返して、いやいやと手を振る。大バトルを繰り広げた二人だから、感想戦の段階ともなれば、素直な言葉の応酬となる。お互いに相手の健闘を称える気持ちもあっただろうし、お互いの力を認め合った瞬間でもあろう。胸の内に残る思いは正反対でも、そこは共通の思いもあったはずだと思う。  ただただ歓喜していたのは、勝った松井繁だ。スタ展は3コース主張だったが、本番は4カド選択から一気のまくり! 90%はそれでいこうと考えていたと松井は言うが、ものの見事に作戦がハマった会心の勝利だ。  ピットに戻った瞬間、出迎えた仲間たちにガッツポーズ! 田中信一郎と吉田俊彦が同じポーズで返す。とにかく笑顔にあふれたエンジン吊りの作業となり、松井は充実感あふれた表情を崩さなかった。  共同会見での饒舌も、松井の気分の良さをあらわすものだった。まだ未制覇のグラチャン、「獲りたいSGではありますけど、3500万じゃないから(笑)」とリップサービスまで飛び出すのだから驚いた。予選と準優や優勝戦との違いに言及したのも興味深かった(これが予選だったら3コースを獲っていた、という)。つまり、一発勝負かそうでないかとの差だ。松井が会見でここまで突っ込んで話すケースは珍しい。王者の気分をも高揚させる、会心の勝利だったのだ。  明日も同じ3号艇。明日の戦略は果たして。3号艇なら3コース、とも言っていたが、まさかの3カドがあったりして!?

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2015/06/27 19:20

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック