BOAT RACE ビッグレース現場レポート

宮島グラチャン 準優私的回顧

 もちろん、スタートも迷いはなかった。コンマ04。「切っても仕方がない」という覚悟で行った。そして、すぐに締めはじめた。スリットではほぼ同体だったカド受けの石川真二に飛びつかれた。今節の松井のエンジンが伸びるのなら問題はないが、中堅レベル。石川の舳先を振り切れない。それでも松井はゴリゴリとハンドルを入れて、力ずくで石川を蹴散らした。ハンマーで脳天を叩き潰すようなド迫力だった。今年のグランプリ(さらにはグランドスラム)に懸ける王者の思いがどれほどのものか、このハンマーまくりに投影されていた。石川を蹴散らした瞬間、松井の1着はほぼ決した。

 次は、辻栄蔵。インコースで松井の引き波をモロに食らった辻は、バック直線で5番手まで後退した。万事休すと思える位置だ。が、辻はそこから猛然と追い上げる。追って追って追って、ついに2番手・毒島誠に2艇身差まで接近した。ワンチャンスで逆転できる差ではあるが、相手は今をときめくニュージェネで、さらにその中でもターンの早さで知られる毒島なのだ。  ちょっと相手が悪いか。  そう思って観ていた。必死に追い上げる辻。得意の全速マイで交わす毒島。やはり、差は縮まらない。ただ、2周2マークで辻が切り返し気味に攻めたとき、毒島は握りマイではなく差しを選択した。冷静な戦法ではあるが、辻の気迫に押されているようにも見えた。3周1マークの手前、再び辻が内に艇を寄せた。毒島にプレッシャーをかけ続けるには、もっとも有効な戦法だ。毒島はケリを付けるべく、今度は迷わず握った。シャープに決まれば、そこでケリが付いただろう。

7ページ中2ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2015/06/27 20:16

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック