BOAT RACE ビッグレース現場レポート

蒲郡グラチャン『前検を斬る!!』

 蒲郡グラチャンの前検が終わりました。まず、何はともあれ“断然エース”重成35号機の気配から。私個人としても初下ろし節から注目してきたモーターなので、スタート特訓に全神経を集中しました。結果は……?

■重成一人=35号機

 第4班の特訓では重成だけにロックオンし、他艇をほとんど視界から消した。そのため、比較論としての番付評価は不可能だ。一方、だからこそ鮮明に見えてきた部分もある。 1本目…6コースから豪快にかっ飛ばし、いわゆる非常識なF。明らかに早起こしのFだと思うが、35号機のパワーがそれを助長した感もあった。迫力満点の伸び足。 2本目…スロー3コースから、一転してスタートを合わせに行った。かなり慎重な起こしから、スリットの手前で上体を起こしてレバーもアジャストしたムード。それでもグググイッと伸びて、これまた非常識っぽいFになってしまった。これは大いに検証する価値がある。私の勝手な推理はこうだ。 「1本目はスピードの乗り、体感を重視して握りっぱ。伸びは上々だったが、想定以上にはみ出した。このままでは明日が不安なので、2本目はスタート勘の補正に重きを置いた。そして、自分なりに合わせたつもりだったが、出足~行き足が強すぎてまたまた極端にはみ出した」  私の推理が正しければ、この時点で「超抜」と決めつけることができる。が、単純に重成のスタート勘が狂っていた可能性もある(私の脳内スピードガンはポンコツなのです)。 3本目…ここが試金石。5コースダッシュに構えた重成は、さらに起こしを慎重にして発進した。おそらく、スリットまでほぼ握りっぱ。そして、コンマ04の完璧なスタートを決めた。観測者にとっても、絶好のシチュエーションだ。やや視野を広げて「さて、ここからどこまで伸びるか、千切るか!?」と見守っていたら、あまり見慣れない光景に出くわした。スリットからわずか20mほどを走った時点で、重成が急に上体を起こして左方向に顔を向けたのだ。もちろん、その時点でスピードはガクンと落ち、他艇との比較はまったくできなかった。私の推理②はこうだ。 「2本目でも想定をはるかに超えるFをやらかした重成は、ますます明日の実戦が不安になった。で、1、2本目の感覚を元に大幅修正し、『この起こしなら、ほぼ全速でも入るだろう』という地点から発進した。もはやチェックすべきはエンジンの良否云々ではなく、スタートの届き方、入れ方。だから、スリット直後に大型ビジョンのスリット写真を凝視した」  この推理が、もっともありえそうな心理の流れだと思うのだが、どうだろう。そして、重成はコンマ04のスリットを見て、何を思ったか……気になるところではある。とにかく、私はこの推理が正しいと思うので、イコール重成35号機を超抜と認定する。SSの節イチ候補だ。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2016/06/20 21:00

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

「蒲郡グラチャン『前検を斬る!!』」へのコメント

本文が起こしから失敗してますね
尼崎・・・

posted by いきなり
コメント投稿者ID:TCE00073109
2016/06/21 00:32
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック