BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

【10R】丸ちゃんワールド  丸岡正典が優出会見の会場に着いたころ、まだ池田浩二の会見が続いていた。5分ほど待たされただろうか。池田が会見を終えて会場を出ると、丸岡が一言。「長い」。池田は大爆笑!「俺に言うな!」と大笑いしながら池田は去っていく。たしかに、長くなった責任は池田にはない。  で、丸岡の会見。池田より長くなった(笑)。順番が逆だったら、池田に「長ぇよ」と言われていただろう。質問が多く続いたのはたしかだが、要因はほぼ丸岡のほんわかしたしゃべり方とコメントだ。 「成績がいいので、何かがいいんでしょう。何か? わかりません。……どうっすか? いい? …………わからん、わかりません(笑)」  こんな調子でほわほわとしゃべっていたら、そりゃあ長くなる。そしてまた、その会話がなんとも心地いいのである。いつまでも丸ちゃんの話を聞いていたいような。だから、報道陣の質問も増える。これぞ丸ちゃんワールドだ。  結果的に、明日も丸ちゃんワールドに触れられる可能性は格段にアップした。一筋縄ではいかない鳴門のイン戦だが、枠番的に勝つ可能性がもっとも高いのは丸岡である。もし優勝して会見にあらわれたとするなら、丸ちゃんワールドはさらに膨張して、大爆笑の渦となるだろう。  池田浩二の会見は、ふだんよりずっと饒舌と思えた。「蒲郡が10だったとするなら、今回は1」なんてリップサービスもあったりして。池田の話を総合するなら、今回の体感はあくまで普通であって、蒲郡のほうが感触はよかった、という程度のことのようだが、話をわかりやすく(面白く?)するために、大袈裟に話したのだろう。間違いなく、気分がいいのだと思う。  レース後の歩様も力強かった。勝った丸岡と肩を並べて控室に戻るその後ろ姿は、どちらも勝者に見えるほど、誇らしい姿と映った。「3カドというのもあって、少しでも行こうと思った」というスタートは、コンマ05。昨日もすぐ右隣に超抜の石野貴之がいて、同体ならまくられると決意のコンマ04を決めている。2日続けて気持ちの入ったレースをして、結果も出したのだ。充実感が生まれていてもおかしくはない。  明日もこの気持ちでレースに行けるのなら、非常に怖い存在となる。なにしろ、枠なりなら石野をマークできる立場だ。すでに池田の脳裏には戦略が浮かんでいるはずだ。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2016/07/17 18:50

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

田中信一郎だけは絶対ゆるさない!
てか大阪支部は汚いからモーターボート界から追放してください!!

posted by chami0211
コメント投稿者ID:chami0211
2016/07/17 21:52
コメント支持(3)

よく読まれている記事
トラックバック