BOAT RACE ビッグレース現場レポート

鳴門オーシャン 準優ダイジェスト

伸びーーる1号艇

10R ①丸岡正典(大阪) 07 ②池田浩二(愛知) 05 ③寺田 祥(山口) 02 ④下條雄太郎(長崎)07 ⑤篠崎元志(福岡) 10 ⑥坪井康晴(静岡) 08

 寺田祥が颯爽と舳先を翻した瞬間、超超満員の鳴門スタンドがドッと沸いた。渾身の勝負手だ。丸岡の頭から買っている私も、ギャッと叫ぶ。予想で「寺ショーが3カドゼロ台全速でもしない限り、丸岡をまくりきるだけのパワーは見当たりません」などと書いたが、マジで艇を引くとは思っていなかった。寺田はスタートも踏み込んだ。コンマ02!! 全速だったかどうかはともかく、今日の寺ショーは実に男前だった。

 だがしかし、その渾身の勝負手は丸岡には届かない。内の池田がやんわりと艇を寄せて3カドの勢いを消し、それから俊敏な差しハンドルを入れた。なんという老獪なターン。やや気勢を削がれた寺田の握りマイは、丸岡に弾かれる形で外に流れた。あとは、逃げる丸岡と差した池田の一騎打ち。バック直線の伸び比べは、明らかに丸岡が強かった。2マークの手前で3艇身近い大差となり、それで1、2着の順位もほぼ確定した。 1着・丸岡、2着・池田。  今日のバック直線を見てわかるように、ストレート系は雲泥の差だった。前検トップ時計の勢いそのままに、丸岡の伸びは強烈の一語。前検を見て「やや後伸びかも」と記したが、今日はスリットからの行き足も強めだった。ただ、「行き足より伸び寄り」という私の評価は変わっておらず、たとえば80m起こしなどの深いイン戦になった場合は不安が残る。しっかり助走距離をキープしてスリットを通過できれば、その後の伸び返しは文句なし。もちろん、明日の丸ちゃんがさらに手前に寄せる整備をする可能性もあり、そのあたりはしっかりチェックしておきたい。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2016/07/17 19:57

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック