BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――調整作業

 注目10号機を引き当てた篠崎仁志は、さっそくピットでも多くの視線を集めている。作業の合間にはすぐさま報道陣に取り囲まれて、コメントを求められていた。仁志は、モーターを受け取ると、すぐにペラ調整所に陣取っている。試運転前にプロペラのチェックだ。ペラをまったく見ずに試運転や前検航走に出ていく選手も少なくないなか、エース機と目される仁志はゲージを当てて形状を確認した。これが仁志の流儀ということになるか。  で、スタート練習とタイム測定が終わったあとの仁志は、けっこう強めに叩いた! それほど激しく叩きまくった、という感じではなかったが、手を入れたのは間違いない。その狙いは何か、またこの一撃で気配はさらに上向くのかどうか、明日の動きは見逃せない  試運転前、調整所で仁志と向かい合う場所にいたのは、峰竜太である。峰は、仁志とは対照的に強烈にペラを叩いていた。明らかに、叩き変えている様子だ。会見では「真逆の形なので、ぶっ叩いた」と言っている。これが、タイム測定の直前まで続いた。峰はドリーム1号艇なので1班。だというのに、「タイム測定5分前」のアナウンスが入っても、まだボートは陸に置かれたままだったのだ。猛ダッシュで準備する峰。「やばい! これはやばい!」と大急ぎで水面へと向かっている(その後、試運転をしたのか、「峰選手、ピットにボートを入れてください」とアナウンスされている・笑)。で、このぶっ叩きにより「手応えが良かった。行き足からも伸び、回り足、出足が良かった」とのこと。全部じゃん。僕的には、それほど機嫌よく見えなかったことと、ちょっと心ここにあらず感があったあたりがちょっと気になるのだが……。  なんか最近毎回書いているような気がする「前検日の赤岩善生」。今回も、前検から本体を割った。ピストンを交換しているような様子があり、直前情報は要チェック。あ、今回は話しかけませんでした。メモリアルの前検で話しかけて、「忙しい!」と怒られたので(笑)。ただ、試運転前に少し話はできた。というのは今日、赤岩は台風の影響をもろに受けて、レース場への到着が遅くなったのだ。そう、電車が止まった。赤岩はあまり焦ることはなかったようだが、しかしストレスがなかったわけがない。僕なら絶対にイライラしている(笑)。そんな気苦労を吹っ飛ばせるような活躍ができるといいっすね。  本体整備は池田浩二もしていた。池田は整備室の奥のほうで作業していたので、その内容まではわからなかった。このところ、池田の本体整備の姿を本当によく見るようになった。一時は珍しいものを見た気にもなっていたが、ここ1~2年は、それが当たり前のようにも感じられるようになった。とはいえ、もちろん動きが芳しくないから本体に手をつけるわけであって、池田はずっとモーターに苦労させられているわけである。入り記事で書いたように、チャレンジカップ勝負駆け。池田ほどの超実力者だ、いかにモーター運に泣かされてきたかの証左でもあろう。今回も苦しい戦いを強いられるのかもしれないが、なんとしてもクリアしてほしい。この男のいないチャレンジは考えられないのだ。  一方で、近況好調なのは白井英治である。メモリアル準V、下関周年V、津周年でも6号艇で準Vだ。その要因のひとつは、体重であろう。メモリアル時にも減量して臨んだ姿はお伝えしているが、今日の体重も50.6kg。ここ2カ月、ずっとこれくらいの体重をキープしているのだ。白井は「一度体重が戻ったら、もう落とせない気がして、ずっと維持している。毎日体重計に乗って、意識を向けてますね」と言う。食事もしているし、酒も呑んでいるのに、キープできているというのだ。見習いたい……というのはともかく、意識は体質さえ変えるのか。それとも、実はその裏できっちり努力をしているのか。いずれにしても、これは精神的にもプラスになっていると僕は思う。ようするに、自分自身の調整に成功しているのだ。今の白井英治は買いだ。(PHOTO/中尾茂幸 黒須田 TEXT/黒須田)  江口晃生に声をかけられて笑う松井繁。雰囲気はかなり良さそうでしたぞ。  絶好調の魚谷智之。早くも気合が伝わる表情。  江夏満の笑顔は最高です!

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2017/10/23 17:19

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック