BOAT RACE ビッグレース現場レポート

平和島ダービー『前検を斬る!!』

 私の前評価ではほぼノーマークも、あのスタート練習を見ては無印にはできません。特に3コーススローで起こしからスリット近辺までのスムースな加速、さらにそこからシュッと出ていく軽快さ、なかなかでした。何か調整をしたのかどうかわかりませんが、最近の英治はこのパターンが多い気もします。5号艇のドリーム戦はやや人気の盲点になりそうなだけに、狙って面白いかも? 

★白水勝也=51号機

 地元の整備士さんのイチ押しモーターにも抜擢されている51号機。さすがの気配でした。同班の深川ほどのパンチ力は感じませんでしたが、スリット付近でしっかり追随していく出足~行き足。高いレベルのバランス型というか、安定感の高さを感じましたね。スリット一撃というより、捌いて2・3着を量産するパワーかも知れません。

★石野貴之=46号機

 これも下馬評の高いモーターで、白水51号機と同じような安定感だと思います。起こしからの出足~行き足~伸びのツナギが非常にスムースで、死角が少ないパワー。その分、だらだら加速して行くようにも見えて、破壊力は今一つだと思います。この表裏一体の長所短所を「銘柄級の料理人」石野がどんなパワーに変えていくのか。それが楽しみでもありますな。現状のままでは「着をまとめてソツなく予選突破」というイメージが漂います。

5ページ中4ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2017/10/23 17:37

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック