BOAT RACE ビッグレース現場レポート

エース12号はホワイトシャーク!!

(抽選前のつぶやき)  今節のモーターは2連率1~6位がトライアル2nd組、同7~18位が1st組、それ以外(予備モーターあり)がシリーズ組に振り分けられる。当然、TOP6の2nd組が有利としたものだが、実はここに大きな落とし穴が用意されている。その6基の大雑把な見立てを記しておこう。 ★★★12号機…エース級 ★★★10号機…準エース級 ★★8号機…上位~抜群級 ★3号機…中堅上位~上位級 ▼5号機…中堅上位 ▼▼7号機…良くて中堅上位  つまり8・10・12の偶数機を引き当てたら万々歳の天国モード、3・5・7の奇数なら地獄の1丁目にまっしぐら、ってな感じである。特に7号機は危険すぎる地雷モーターで、夏場に赤岩善生、石野貴之、服部幸男などなど7連続で銘柄級A1レーサーの手に渡り、「一度も優出できなかった」という暗黒の歴史を携えている。BBのインタビューで石野が「ひとつだけ酷いのが混じってて、それを引きそうな気がする」とボヤいたそうだが、間違いなく7号機だろう。2nd組に関しては「誰がエース12号機を引くか」と同じくらい「誰が7号機を引いてしまうのか」が大きなトピックだと思う。  一方、7~18位の1st組の中には7号機よりもはるかに優秀なモーターが潜んでいる。私のBBの◎39号機の近況は間違いなく抜群レベルだし、行き足~伸びが上昇中の18号機、回り足が強烈な64号機もV候補の一角。下手に7号機を掴んでしまうより、初日から超抜パワーでブイブイ言わせた方が賞金王への近道だと思う。  シリーズ組では2号機、33号機、76号機あたりがV候補。私事だが、SG前検で◎を打ったレーサーが峰~深川~毒島と3連続で優勝しており、このシリーズは前人未到(笑)のSG4連覇が懸かった一戦でもある。今節もしっかりとVパワーを見出し、GPも含めて一気に5連覇という偉業を成し遂げますぞ~!

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2017/12/18 13:21

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック