BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――初出場!

 似合ってるね! 初めてグランプリジャンパーを着込んだ中田竜太に声をかけたら、「マジっすか!?」とにっこり笑った。40倍もの競争率を勝ち抜いて養成所に入り、1年間の厳しい訓練を経てプロデビューするレーサーたちは、すでに選ばれし者と言って差し支えないが、グランプリジャンパーに袖を通せる選手はそのなかでも特別に選ばれし者である。そのジャンパー自体がその証し、なのだ。 「グランプリうんぬんよりも、この色のほうが僕は好きですね」  なんて会見で言っていた中田だが、もちろん限られた者しか着ることのできないウェアであることも認識はしているだろう。  森高一真もこのジャンパーをついに着ることとなった。チャレンジカップ制覇でも着られなかったし、彼のこの舞台への思いも聞いていただけに、その姿を見ることは実に感慨深い。いやあ、なかなか似合ってんじゃないのよ~。 「そんなことより、ワシだけ下がるんじゃ! こんなことってあるか!?」  どうも今日の感触はひどい部類のものだったようだ。スリットから1マークまでが明らかに分が悪いのだ。グランプリに使われるモーターは上位機のはずなのに、完全に伸びで劣勢なのだという。森高の引いたモーターはもともと伸びより出足、という特徴のようなのだが。  もちろん、望みは捨てていないし、シリーズに回るつもりは毛頭ない。「明日はようなってるやろ!」。笑いながら控室に消えていった森高なのだった。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by boatrace
  • 2017/12/18 17:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック