ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 先発投手編

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。 夏でも掛け布団さん、だいのじさん、Yumegさんコメントいただきありがとうございます!

さて、2017年も公式戦全日程終了しました。最終戦は安藤と新井良太の引退試合、CSに弾みをつける見事な勝利となりました。新井の電撃引退にはびっくりしましたが、腰痛がよくないとのことで、今年のオープン戦をみていると打撃も改善しまだまだいけると思っていましたが、お疲れ様でした。中日から移籍し、兄弟で数々の記録を作り、ファンにも愛され阪神に移籍して辛い事もあったでしょうが、惜しまれて引退していくのはある意味幸せな幕引きだったのではないかと思います。 安藤も良太もお疲れ様でした。そして、これまで阪神を支えてくれて有難うございました! 金本タイガース超変革二年目、結果は貯金17の二位と昨年の借金12の四位から大躍進を果たした我が阪神タイガース、若手長距離砲育成のために有望外国人野手を獲得せず、またエース/メッセンジャーの離脱、期待された藤浪・岩貞の不調がある中、非常によくやったといえる結果なのではないでしょうか。打撃タイトルは誰も取らず、B9は誰も取れそうにない中、強力な中継ぎ陣を軸にこれだけの貯金を積み重ねられたことは、勝つためのチーム力全体があがってきているといえるのではないかと思います。 金本監督としては毎月貯金3を目標としており、6ヶ月のシーズンとすると一つ足りませんでしたが、十分な結果でしょう。 まだCS/日本シリーズと残しておりますが、日本シリーズが終わるまでの間に、戦力外通告、ドラフト会議、日本シリーズ後はFAとストーブリーグが活性化してきますので、その前にまずは今年の総括をしたいと思います。 今日は先発投手編から 去年の2017年版にも書いたとおり、管理人が考えるの理想の構成は、ローテ投手5枚、ローテ候補投手5枚、育成投手5枚、それぞれ右投手3枚、左投手2枚が理想です。理由としては、エース級投手の登板数を増やす、ローテ調整をしやすくする、若手にチャンスを与える意味で、基本的に5人いればよく、4人規定投球回到達投手がいれば多い中、6枚固定する必要はないということです。 2017年戦力構想投手編

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by bratora
  • 2017/10/11 02:21

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック