ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。元新在家の住人さん、コメント頂きありがとうございます!返信いたしましたので宜しければご覧ください。

さて、今年もドラフトまで後一週間を切りました。既に我が阪神タイガースは早稲田実業/清宮君の一位指名を早々に発表していますが、どれくらいの指名重複があるか見ものですね。 それにしても、ドラフトはいつもドキドキしながら楽しみにしているものの、目玉選手は抽選で外れる確率の方が高く、ドラフト後は略残念な気持ちになることが多いことから、楽しみでもあるのですが、その残念な気持ちを迎えるかと思うと憂鬱にもなる今日この頃です。宝くじであれば、どこかの知らない誰かがお金持ちになってしまうだけなので、特に気にすることはないのですが、ドラフトの場合ライバルチームにほしかった選手が行ってしまうので尚更憂鬱になってしまいます。 さて、今日は具体的な指名希望選手の考察に入る前に、ドラフトによる補強に関する全般的な管理人の意見を書いてみたいと思います。本日は若干長めになりますが、お付き合いいただけますと幸甚です。 ①即戦力候補としてではなく育成選手としての獲得

まず、第一にドラフトでの戦力補強は特定の1位クラスの即戦力選手を除いては基本的に育成選手を獲得するものと考えています(当たり前かもしれませんが)。去年などは投手の当たり年で一年目からエースの器になれそうな選手がごろごろしていたので(結果として各球団期待ほどの活躍ではありませんでしたが。Bf山岡、Bs浜口、E藤平くらいですかね。)、即戦力としての投手の獲得に向かう戦略でよかったと思うのですが(向かいませんでしたが)、基本的には繰り返しになりますが育成選手の獲得を計画をもってやるべきだと考えています。

13ページ中1ページ目を表示

  • posted by bratora
  • 2017/10/21 02:37

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(8)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

初めまして

私はホークスファンなんですが、かなり興味深く読ませていただきました。
ポテンシャル重視、特に3の「不足ポジションの補充より実力重視の指名」に共感いたしました。

ホークスの話になりますけど、ホークスは杉内や和田が抜けた2012年以降ずーーーーっと左腕不足だと言われてきまして、ドラフトが近づけば必ずと言っていいほど即戦力左腕の獲得を提言するファンやそういった記事が出てきます。
にもかかわらず、ホークスはその2012年以降で獲得した即戦力(大社)左腕の獲得は2人、即戦力右腕の獲得は6人なのでバランスには欠いているんですよね(育成は除く)。加えてその二人が一軍では活躍できていない現状でもあります。
ですが最近になって高卒の笠谷や古谷、長谷川宙と有望な左腕が出てきまして、もはや若手に至っては右腕よりも豪華なのではないかとさえ言われているほどです。

そういうこともあって私は、「無理して目先の短所を補うより、目先は苦労するかもしれないけど後々に確固とした長所に持っていくことが重要である」と思っています。つまりポテンシャル重視ですね。

なので管理人さんの言うポテンシャル重視の考えに共感、そうもあってコメントをさせていただきました。

posted by リーヌ
コメント投稿者ID:TCE00078695
2017/10/21 05:20
コメント支持(0)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

リーヌさん コメントありがとうございます!

いやーホークスさんは本当にうらやましい限りですよ。くじ運も強いですし。今年はさすがに勘弁してください(笑)。
ご共感いただきありがとうございます。高卒左腕の育成は一般的に難しいといわれていますが、笠谷君は一軍登板、一年目の古谷君も順調に育っているようですね!

ファンとしてはドラフトで獲得した選手はすぐに活躍を期待しますし、特に、阪神・巨人はその傾向が強いと思います。それが今の状況になってしまっているのですが、逆指名ドラフトもなくなり、徐々に育成の重要さが球界全体にまんえいしているように思いますね。

いつか優勝チームとしてホークスさんと日本一争いをさせてほしいと思います!

また、いつでもコメントください

posted by bratora
コメント投稿者ID:bratora
2017/10/21 05:45
コメント支持(0)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

初めまして。コメントさせていただきます。

即戦力ではなくポテンシャル重視は全く持ってその通りだと思います。
特に我らが阪神なんか即戦力投手ばっかり指名して、結果即戦力で活躍できたの榎田くらいなんですよね。
その榎田も活躍できたと胸を張って言えるのが最初の1、2年くらいでしょうか。

そんなわけで去年のドラフトでも即戦力として佐々木というのはどうなんだろうなーって感じで見てました。
どうせ即戦力投手って言っても、阪神の即戦力だから全く活躍できない可能性が高くて良くて数年後にでてくるかだろうと・・・
見事に即戦力投手アレルギーを発症してますね。(苦笑)

そんなわけで私の去年の一押しは理由は長くなるので省きますが寺島でした。
でも後だしジャンケンでなるようで嫌なのですが一位大山も当時から割と納得していました。
あの年の目ぼしいサード候補は彼くらいしか居ないなと感じていたので確実に確保しにいったんだろうなという感じで。
それでも2位で指名できれば儲けモノと思っていたのでびっくりしましたが。

今年は誰を指名するんでしょうね。
正直1位はともかく、2位以降がどうなるんでしょう。
ただ一つ確実に希望したいのが有望な高校生野手を指名してほしいですね。
流石に最後の高卒野手指名が植田のままというのは色々と洒落にならないと思うので。

長文失礼しました。
今後もブログ更新楽しみにしています。

posted by akuahanki
コメント投稿者ID:akuahanki
2017/10/21 12:19
コメント支持(1)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

akuahankiさん コメント頂きありがとうございます!

即戦力投手アレルギーは結構阪神ファンの中ではあるかもですね。そういう自分も去年は田中か佐々木派でした。。。。先発投手陣に不安があったので。。。

二位以降即戦力を取ると言う報道が多く流れていますが、ぜひブラフであってほしいと願うばかりです。
左腕に拘ったり、大和流出の備えの短期的な目線だけで、一位斉藤大、二位宮台、三位熊谷とかは勘弁してほしいですね。。。。

植田以下の野手が本当に枯渇しているので、高卒野手は二名は指名してほしいところです。

また、ぜひコメントいただけるとうれしいです!

posted by bratora
コメント投稿者ID:bratora
2017/10/24 01:04
コメント支持(0)

「阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①」へのコメント

他の皆様のコメントと同じで、ドラフトは補強ポイントではなく素材重視だとずっと思っていました。金本監督の面白いところは、過去2年のドラフトにも見られるように、フロント以上に長期目線で指名するところですよね。なので、全権委任する理由が分かりますが、じゃあ阪神のフロントは普段何してるねん、とは言いたいですが。。特に興味深かったのが、昨年の素材型右腕の複数指名です。この辺りも、左腕不足などは考慮せず、素材重視の結果だと思います。
ご指摘の通り、中村GMあたりから素材重視になってる気がしていますが、過去の経験からフロントが反省して指名の優先度などを考えてる様子がなく、単に金本監督に丸投げしている気がしており、それでは金本監督がいなくなれば元に戻る懸念があります。
管理人様のように現状の戦力分析をして、スカウティングの能力向上を実施し、過去の指名選手の成長度合いを受けた指名優先度の検討など、この辺りをきちんとして欲しいですね。次の投稿も楽しみにしています。

posted by 元新在家の住人
コメント投稿者ID:TCE00077626
2017/10/21 23:16
コメント支持(0)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

元新在家の住人さま、いつもコメント頂きありがとうございます!

以前のブログでもまったく同じ意見を書かせて頂いたのですが、全権委任は大丈夫なのかなと・・・
幸い、監督が長期目線なので今のところは心配していないのですが、やはり健全な状態ではありませんよね。

即戦力に走らずともファンがついてくることはこの2年で十分にわかったと思うので、金本監督を中心にドラフトを基盤としたチーム作りをしっかりとフロント側でも学習してもらい、持続的な体制を構築してほしいですね!

また、ご意見お待ちしています。

posted by bratora
コメント投稿者ID:bratora
2017/10/24 00:59
コメント支持(0)

「阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①」へのコメント

初めてコメントさせて頂きます。

自分はヤクルトファンですが、このブログをフロントに読ませたいですね。
ヤクルトのドラフトはまずその年に一番いい選手には絶対指名しない。逃げのドラフトに終始していました。本当に指名しなくてはいけない選手を回避し、逃げで指名した選手を素材型の選手だと言い張り、ファンや親会社?を騙し続けた結果が今年の成績です。
それと怪我持ちの選手を上位で指名する。数年我慢するなら良いが、全く使わずにハイさようなら!では無駄な選手を永遠と取り続ける負のスパイラルに陥ります。そして二軍の試合に選手が足らなくなる。おまえらアホか?と思ってしまいます。

ヤクルトのスカウトは何を見て、何を調べているのか?不思議でしょうがないです。

それに比べると阪神のスカウトは見るべきものは最低限見ていると思えますし、ヤクルトのスカウトと比較すると非常に優秀です。
八重樫というスカウトに陣取っていた害がいなくなったので今後は楽しみですが。

posted by トッシー
コメント投稿者ID:TCE00073945
2017/10/22 11:51
コメント支持(0)

阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①

トッシーさん コメント頂きありがとうございます! またご共感いただきありがとうございます。
ヤクルトさんに対し辛らつな意見を書いてしまい申し訳ありません。ただ、特に野手の育成能力が高い球団だけに、ここ最近のドラフトはもったいないなーと見ていた次第です。

廣岡君とか渡辺くんとか山田二世になりそうな逸材もいるので、不安のある投手陣にいってはどうかなぁと思っていましたが(阪神が抽選かぶらないためにもですが(笑))、清宮君指名のようですね。

高山君のリベンジをされないか戦々恐々としております。。。

また、ぜひコメントいただけるとうれしいです。

posted by bratora
コメント投稿者ID:bratora
2017/10/24 00:56
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック