J2にしがみつく

今季の讃岐について

今季の讃岐について

 今季の讃岐は昨季の守備的なサッカーから、少し攻撃的にして何とか残留を果たした。いつか降格するのだろうが、今年ではなかったようだ。残留すればするほど良い事が続くので、来期も残留してほしいものだ。  今季は昨季終盤の良い流れを大切にして、ベタ引きにならないよう、真っ当なサッカーを目指していたように思う。前線からプレスをかけるような無謀な事はしなかったが、ハーフウェーぐらいではプレスに行っていたように思う。またビルドアップにおいても、蹴る事は避けて横パスを増やしていた。相手のブロックが崩れていれば、縦パスを伺うようなシーンも目立った。一方で失点も増えてしまったのだが、昨季の守備が人海戦術による物であった事が証明された。ペナの中に人垣を築いて、相手にシュートの隙を与えていなかったのだ。人が少ない場合マークを掴む為に、良いポジションを取る事がより大切になる。個人の守備能力が問われる状況になったので、DFの質が不足していた事が判明するシーズンとなってしまった。監督は中盤でボールを持つ事で守備の時間を減らそうと考えたのだろうが、そもそも中盤で前向きにボールを持てなかった。最終ラインのビルドアップ能力がおぼつかない事が原因だろう。J2というリーグは前からプレスをかけてくるクラブが多いので、意外に最終ラインの足下が大切なようだ。  今季は馬場と西を補強した。馬場はFWであり西はDFであると考えていたが、実際は中盤タイプの選手であった。素晴らしい活躍であったが二人を活かすような最終ラインの補強が必要であったように思う。夏の補強で荻野と渡邊を獲得したが、やはり中盤タイプである。結果としてコンバートをして色々な役割を担当してもらう事になったのだが、少し気の毒でもあった。讃岐の予算規模からして、自由に欲しい選手を獲得できる訳ではない。結果として適正ポジションよりも、選手の能力に主眼を置いて補強しているのかも知れない。攻撃を考えた補強を初めて行ったので、すぐに適材適所とはいかないだろう。今の戦術を進化させる為にも同じ戦術を長期にわたって積み上げていくしかない。

9ページ中1ページ目を表示

  • posted by carp-hooligan
  • 2016/12/13 23:25

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック