J2にしがみつく

J1の残留争いに関して(2017年10月の中断期間)

甲府 <10月> F東京(H) C大阪(A) 神戸(H) <11・12月> 新潟(A) 大宮(A) 仙台(H)

 清水と鳥栖に連敗した時には、今年の残留争いが終了したような感じであったが、そこから横浜Mと柏に連勝した。予想できない快挙であり、残留争いの白熱を期待しているこちらとしては大いに感謝したい。前節のドゥドゥのシュートには本当に恐れ入った。  試合の内容としては、要所に配置されたブラジル人選手達が効いている。日本人選手達でハードワークして、違いはブラジル人選手達に作ってもらうというスタイルである。毎年このスタイルで残留しているので、残留争いに慣れていると言えるだろう。  日程に関しては恵まれている。あまり目標のない中位が続くので他のクラブよりは戦いやすいように思う。とは言え甲府よりは格上であるので、よもや油断などはしないであろう。特に11月の日程はおそらく降格が決まっている2チームとの対戦があり、普通に考えればありがたい日程であるはずだ。

私の予想

 以上のような要素を勘案すると意外にも甲府の残留可能性が最も高いように思う。残留争いでは普通は負けてしまう試合を、いかに引き分けに結びつけるのかが大切になる。連勝などは考えない方がいい。ここまで出来ていない事が急に出来る訳はないのだ。甲府のサッカーが一番引き分けを重ねていけるように思う。  他の3チームは横一線という印象である。清水が最もゲーム内容に乏しく危険な状況である。しかし現状勝ち点で上回っている事は非常に大きい。勝ち点2差が巨大となるのが残留争いである。札幌は結局清水との直接対決次第で残留出来そうな日程である。広島はどこが相手でも勝ち点3の獲得が想定できるチームであるので、多少負けても絶望するほど手段がない訳ではない。清水がダービーで勢いを付けて、札幌との直接対決に勝つような事になると、札幌はおそらく落ちるだろう。逆になると清水が落ちる可能性が高いように思う。広島が全く勝てないという事が起こらない限り清水と札幌、どちらかが危ないように思う。引き続き清水の試合に注目していこうと思う。次回の中断期間にも残留争いの火が消えずに残っていれば良いのだが。

4ページ中3ページ目を表示

  • posted by carp-hooligan
  • 2017/10/12 23:44

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

「J1の残留争いに関して(2017年10月の中断期間)」へのコメント

お世話になっています。

残留に必要な勝点は最終的に何ポイントくらいになるでしょうか?
広島は上位相手が多いものの、監督がかわってから負けが少ないですし、
甲府も対戦相手が比較的恵まれてる感じで、ひょっとしたら35ポイント取っても16位ということもあるのかなと思っています。

大宮はまだチャンスあるかと思っていましたが、今の勝点差以上に残す対戦相手が厳しいですね、前節の清水戦を勝ちきるまでいってれば、全く様相は変わっていたと思いますが…。

posted by fagiano12
コメント投稿者ID:fagiano12
2017/10/13 00:14
コメント支持(0)

fagiano12さんへの返信

おはようございます。コメントありがとうございます。

どうでしょうかね。。。残留に必要な勝点は結構流動的に変化すると思うので予想が難しいと思いますが。私が深く考えずにシュミレートしてみたら32~34で3チーム固まったので、33か34取ればギリギリセーフのアウトぐらいかなと思います笑

おっしゃる通りですね。大宮は好きなクラブで比較的応援していたんですが残念でした。前節の大宮対清水戦は清水にとっては残留争いに巻き込まれる試合となってしまいました。一方大宮にとっては争いから外れる試合になってしまったように思います。

posted by carp-hooligan
コメント投稿者ID:carp-hooligan
2017/10/13 07:02
コメント支持(0)

J1残留争い

お返事ありがとうございます。

正直今16位以上のチームは皆残留に相応しい力があると思うので、その中から1つ落ちてしまうのは残酷ですね。

まず明日の注目は静岡ダービーですね、清水にとっては最後に勢いが出るか、流れが悪くなってしまうか、本当に大切な一戦になりますね。

posted by fagiano12
コメント投稿者ID:fagiano12
2017/10/13 23:48
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック