J2にしがみつく

第三者から見た王国清水について

第三者から見た王国清水について

 戦力均衡のJリーグにおいては、J1の優勝争いはレベルが低い。逆にJ1の残留争いのレベルは高い。だから毎年びっくりするようなクラブが残留争いを行い、時々落ちる。昨年はC大阪、大宮が落ちたし、清水も危なかった。中でも清水はJリーグ創設時からのクラブ、いわゆるオリジナル10である。常勝軍団というわけではないが、降格した事が無く、名門であり、古豪である。そういう意味では、もし降格すれば、大宮やC大阪よりは事件性が高く、G大阪が降格した事に似た事象となる。  私は讃岐のファンなので、そうしたクラブにJ2のドサ回りを行っていただけると、動員的にも、話題的にも、ありがたい事この上ない。一方でJ1のファンからすれば、甲府や山形のような地方の専用スタジアムを持たないクラブが、J1に存在する事になり、迷惑な現象に陥る。J1のクラブライセンスに専用スタジアムも加えるべきだと思う。チェアマンが村井さんになってから、Jリーグに格差を持ち込み、ビッグクラブを育成しようとしているが、もっとドラスティックでも良いくらいである。  さて、清水についてだが、先日大変興味深い清水サポーターブロガーの、nekoni-kobanさんに質問して、多少事情を理解した。それまで私はゴトビさんを更迭したことが現在の苦境に陥る主因だと考えていたのだが、そう単純な話でもないようだ。どうやら、選手達の心が監督から離れたようだ。退屈な内容のサッカーを王国清水の選手達が長年続けるのはプライドが許さないのだろう。こうしたプライドが価値有る物なのか否かは難しいところであるが、プライドを守るためにも今は一時の我慢である。しかしこの我慢は紙一重でもあると思う。J2に落ちる事が予想されるからだ。それくらい今のJ1は戦力が拮抗している。とは言え、J2に落ちても一年で復帰できれば問題は少ない。広島や柏のように内容も高めて圧倒的に昇格すれば、いよいよ清水のプライドとタイトルが両立可能となるだろう。しかし、現在のJ2は当時とは少し事情が異なるように思う。千葉はフロントが迷走したとはいえ、もう6年である。最初は面白がっていたJリーグファンも気の毒になってきている。その道程を磐田も辿ろうとしているようだし、これから広島や柏の例を追う事は、当時に比べてリスキーなのだ。  ハイリスクハイリターンのクラブ経営に乗り出した清水なわけだが、監督は大榎さんだ。昨シーズン途中からの就任で、まあまあひどい成績で昨年を終えた。キャンプから指導した今季は真価を問われたわけだが、もう判断を下せるだろう。無能である。nekoni-kobanさんも嘆いておられたが、守備がひどい。一見して分かるくらい球際が弱い。監督の指示でわざと弱くしているのかと疑うほどだ。日本サッカーの問題点を顕著に体現しているクラブ、それが清水である。逆に監督のコメントにある通り、攻撃では内容が良いのかというと、そうは思わない。パスサッカーをやりたいのは分かるが、縦パスが少な過ぎる。決定機の数が増えないのはパスサッカーだから止むを得ないが、決定機の質までもが低い。これはパスサッカーの目的と矛盾している。清水の苦しみからも分かる通り、パスサッカーで結果を残すのは至難である。潤沢な選手の質と地道な努力(時間)が必要だ。時間を大榎監督に与える事を決断したのは良いとして、清水に選手の質があるのだろうか。若手はポテンシャルがあるとnekoni-kobanさんはおっしゃっておられたが、球際が弱いのは監督だけの責任ではなく、選手個人の意識の問題でもある。清水の育成の悪癖だと言ってもいいのではないのだろうか。そういう意味では、最近までユースの監督をしていた大榎さんは、育成年代でも有罪と言える。  短視眼的に清水を見てみよう。いつ監督を更迭すべきか。これが問題だ。現監督の契約が長期にわたって残っており、前監督の給料も未(いま)だ払っているのかも知れない。決して圧倒的な財政というわけではないだろうから、非常につらい状況だろう。なぜ現監督と長期契約を結んでしまったのだろう。昨年の監督交代からの観客増加が要因だろうか。だとすればやはりレジェンド監督というのは、痛し痒しである。無邪気なファンの善意がフロントの冷静な判断を妨げた。それでも早期に監督更迭を断行すべきだ。J2に落ちる可能性が高いからではない。良いサッカーをしていないからだ。今我慢すれば将来結果が継続して良くなる、そんな気配があれば良いのだが、この監督にそうした匂いは皆無だ。ファースト・ステージ終了までは大榎さんを我慢する、という人が多いようだが、2ヶ月で事態が好転すると思っているのだろうか。もし好転するとすれば一時的に守備的に戦うケースだけだと思う。しかしそれでは大榎監督の存在価値は無くなる。よっぽど違約金が高額でもなければ今すぐ更迭すべきであろう。もちろん大榎監督を選んだ強化担当者もセットで辞任すべきだ。プロジェクトが頓挫したのだから。  次期監督についてだが、二つあると思う。一つは降格回避のために現実的、守備的なサッカーをする退屈系監督を選ぶ事。もう一つは、J2に落ちようとも王国清水のプライドを満たすこと重視の監督を選ぶ事。非常に重要な選択になる。どちらも正解であると思うが、後者のタイプの監督にするのなら、いわゆる大物監督にしなければならない。大榎監督のような客寄せパンダではなく、J1での実績がある、高給の監督である。当然高給なので清水には無理筋なのだが、その分高給の選手を売却すれば、いくらか余地は有るだろう。どうせJ2に落ちるのだから、長期的視野に立って、大物監督と薄給の若手選手達で夢のあるギャンブルに臨むというわけだ。(長期というのは、5年ほどを指す。)これならば王国清水のサポーターからも一定の理解を得られるのではないだろうか。  nekoni-kobanさんに、「清水のサポーターは勝ちたいのか、楽しみたいのか」問うた事がある。その答えが「静岡のサッカーファンのほとんどは楽しんで勝つ」事を望んでいるそうだ。鹿島のファンは勝てばなんでも良いと思っているだろう。それに比べれば、楽しむ側に傾いていると受け取った。こうしたファンのサッカー観を背にクラブは戦っているのだ。磐田、清水の静岡勢にはこの壮大な実験を是非成功させてほしい。そうでなければ、Jリーグは全クラブが退屈系サッカーに甘んじる事になってしまう。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by carp-hooligan
  • 2015/04/29 07:49

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(8)

第三者から見た王国清水について

個人的には、そんな清水のプライドは一度へし折ってしまったほうがよっぽど彼らのためだと思っています。
「楽しんで勝つ」事ができるならどのチームも苦労はしません。
勝つことができていたチームがその方針にシフトした途端に歯車が狂いだし、成績を急降下させてどちらも得られない例は毎年のように存在します。私は順位予想をするときにそういう気配のあるチームの予想を一気に下げるギャンブルをよくやってます。

正直今年の清水はそのレベルを超えて選手層も戦術も目標のアンバランスさも危険な域に達している。というのが私の見解です。
今は甲府が自滅気味(城福→樋口の守備戦術の変更が悪い意味で嵌っている時期のようで)になっているのでまだ順位はマシですが……。

最後に、Jのチームが退屈なサッカーをやめるには、安易な勝利至上主義を捨てることしかないと考えています。
サポーターが勝利よりも内容を望んだり(その結果降格しても構わねぇ!というくらいの気概を含めて)、チーム運営的に勝利以外の付加価値をつけて、負けても経営が問題なく動くようにすることが第一かなと。(勝負事なので必ず期待値的に半数の負けはつくので、勝ちを見込んだ経営は破滅をまねきます)
勝負事なので勝利を求めるのは当然ですが、日本のサポーターはそれだけにこだわりすぎてると思ってます。それが退屈を生んでいるのに気づいていない現状、何とかならんもんですかね。

posted by みずは
コメント投稿者ID:mizuha0407
2015/04/29 10:02
コメント支持(1)

第三者から見た王国清水について

みずはさん、コメントありがとうございます。

>個人的には、そんな清水のプライドは一度へし折ってしまったほうがよっぽど彼らのためだと思っています。

清水サポーターの人々のプライドは、おっしゃる通り、今年揺らぐと思います。そこでくじけずパスサッカーを貫いてほしいと思っています。楽しみながら勝つ事が難しい事ぐらい、年季の入った清水の人々は重々分かっていると思います。でも貫く、という選択肢を採ると、「王国清水」は風化せずに残っていくと思います。

>最後に、Jのチームが退屈なサッカーをやめるには、安易な勝利至上主義を捨てることしかないと考えています。

これはサッカーがNo.1スポーツじゃない国ですから、すぐには難しいですね。勝つ事に鈍感なライト層が少な過ぎます。本文にも書きましたが、各クラブにアクセスの良い専用スタジアムが必要不可欠だと思います。これが出来ればライト層の割合も徐々に改善すると思います。

posted by carp-hooligan
コメント投稿者ID:carp-hooligan
2015/04/29 10:35
コメント支持(0)

「第三者から見た王国清水について」へのコメント

こんにちは。初めてコメントいたします。

個人的な考えなのですが、楽しんで勝つ。の、楽しいの部分。
パスをつないで、いわゆるバルサ的なサッカーを指してるわけではない、と思っています。
清水には、サッカーは勝って当たり前という土壌があり、その上に楽しさという曖昧さがのっています。
清水サッカー全盛期のころ、縦に速いサイド攻撃が主だったように思います。
高校サッカーにせよプロにせよ。

つまりは、パスサッカー=楽しいではないのです。
古くからのファンが求めているのは、圧倒的戦力差を見せつけることで、これこそが楽しいサッカーなんです。
鼻で笑う方ばかりかと思いますが。

この考えは、クラブにとって重いはずです。
いまのJリーグでは、まずありえないことですから。

posted by ろど
コメント投稿者ID:stereo-love
2015/04/29 11:54
コメント支持(2)

第三者から見た王国清水について

ろどさん、コメントありがとうございます。

>パスをつないで、いわゆるバルサ的なサッカーを指してるわけではない、と思っています。

なるほど。こういう考えの方もいらっしゃるのですね。スタイルにこだわっているわけではなくて、圧倒できれば十分なのですね。圧倒するために大榎さんはパスサッカーを現時点で選んでいるだけなのですね。考えが足りませんでした。

>この考えは、クラブにとって重いはずです。

確かに重荷ですね。。。しかし、考えを捨てると、普通のクラブになってしまうのでしょうか。それもまた、さみしい。

posted by carp-hooligan
コメント投稿者ID:carp-hooligan
2015/04/29 12:10
コメント支持(0)

「第三者から見た王国清水について」へのコメント

はじめまして。
清水サポです。
実際、主様と同じような意見です。落ちればいいとかではなくて。
今のエスパルスって日本的な楽しいサッカーを目指し、その問題点をわりやすく体現しているチームだと思います。
個人としてはパスサッカー=楽しいサッカーとは思わないし、やっぱり応援してるチームには勝って欲しい。と言う人間です。
大榎監督自体まったくの無能とかは思いませんが、経験不足と戦術の幅がなさすぎます。
レジェンドだから、甘やかそうなんて考えは自分の中ではまったくないので、監督交代希望です

posted by はすき
コメント投稿者ID:yuki514_fantasista
2015/04/29 23:20
コメント支持(0)

第三者から見た王国清水について

はすきさん、コメントありがとうございます。

>個人としてはパスサッカー=楽しいサッカーとは思わないし、やっぱり応援してるチームには勝って欲しい。と言う人間です。

今回この記事を書いて、様々な清水サポーターの方々から反応を頂きました。私は誤解していたのですが、それまで相当数のファンがパスサッカーを求めているんだろうなと思っていました。ゴトビさんのサッカーを否定した人が大榎さんを担ぎ出したと思っていたので。しかしパスサッカーを求めている人はいませんでした。パスサッカーではなく、圧倒できる強者のサッカーをする事を求めている人もいました。
今節の山形戦の前半なんかは、まさに強者のサッカーで圧倒できたのではないでしょうか。最後残念な事になりましたが。

>レジェンドだから、甘やかそうなんて考えは自分の中ではまったくないので、監督交代希望です

私は、山形戦の後のスカパーの監督インタビューで、大榎さんにすごく好感を持ちました。安永さんの鋭いツッコミに丁寧に応じていました。普通、もっとぶっきらぼうになると思います。「いい人」だなあ、と感じました。プロ野球の監督には向いてると思います。

posted by carp-hooligan
コメント投稿者ID:carp-hooligan
2015/04/30 07:21
コメント支持(0)

第三者から見た王国清水について

 nekoni-koban様とのコメントのやり取りから本エントリまで非常に興味深く拝見させてもらいました。

 私も清水サポとして主様の質問、「清水がよりどころにしている哲学」、「楽しみたいのか、勝ちたいのか」を自分に問うてみました。なかなか難しい質問です。しかし清水サポが自分を見直すには貴重な質問だと思います。

 まず前提としてnekoni-koban様は否定していましたが自分の周囲やネット上の意見を見ますと清水サポでも意見はかなり分かれているような気がします。前監督を支持していたサポは一定数いましたし、現監督の就任時から能力を疑問視するサポも同じくらいいました。他サポ様方のイメージする清水サポ(サッカー王国清水的な)は優勢ではありますがそうでないサポもかなり存在します。(ちなみに前監督は好みだけで更迭されたのでなく長期的な強化という視点で強化部とズレが生じてきたことも大きな解任の要因であること、現監督の就任はクラブの決定事項で強化部の判断は影響していないことを付け加えておきます。)
 
 ここではあえて主流の方の清水サポについて述べます。まずどういうサッカーを楽しいと思うかは非常に曖昧です。レジェンドである現監督もクラブ自体もそれに対するイメージは語っていますがやはり曖昧です。ではサポーターが何を大切にしているかを突き詰めますと私の結論ですが、それは「清水らしさというイメージ」ではないかと思います。それは何かと具体的に言うと「かつて強かったという幻想」と「清水らしさをもつ選手達」だと思います。清水らしさを持つ選手像は1つがボール扱いという意味での技術力を持つ選手。もう1つが静岡出身の選手と清水愛を明確に表明する選手です。これら2つが満たされない時、強烈な批判が湧き出してくるようです。

 前監督がサポーターから強烈に批判されたのは実際はサッカーの内容では無く、システマチックで個より組織を重要視したこと、またこれらの選手の移籍が続いたことと、結果が出ず選手が監督に不満を漏らし始めたからだと思います。現監督が能力的には劣るものの極端な批判にさらされないのは清水出身の監督であることと、選手に自由にプレイさせ、自由を与えられている選手が監督を評価しているからだと思います。
 
 私も今のサッカーを見ているともう限界で早急に次期監督候補の選定にあたるべきだと思います。その際には多少高望みでも能力の高い監督でさらに選手やサポーターが納得できる言葉で語れる能力を持った経験ある監督が望ましいと思います。内容の評価は後から付いてくるのではないかと考えます。 
 実際には清水らしく勝つサッカーというのは非常に難しいので、他の方のコメントにあったように清水のプライドなんて1度忘れて作り直せばいいと個人的には思いますが。

 主様の一連のエスパルスに対する記述は、目標が定まらず迷走している清水に対する客観的視点からのアドバイスと思っております。
 長々と失礼しました。 
 

posted by hirotai
コメント投稿者ID:hirotai
2015/05/06 13:05
コメント支持(0)

第三者から見た王国清水について

重厚感のあるコメントありがとうございます。コメントに返信したく思いましたが、あまりに長くなったので、別の記事と言う形にする事にしました。是非読んでみてください。

posted by carp-hooligan
コメント投稿者ID:carp-hooligan
2015/05/06 21:05
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック