J2にしがみつく

清水が本気を出した事について

清水が本気を出した事について

 清水エスパルスの監督が交代する事になったようだ。これまで監督を務めていた大榎監督は、クラブのレジェンドであり、功労者であり、人気者であったようである。そうした事もあって通常ならば解任されるべき成績にもかかわらず、これまで監督を続けてきた。クラブが更迭する事は絶対にないと私は決め付けていたのだが、まさかの交代となった。「泣いて馬ショクを斬る」ような大英断である。  公式発表では大榎監督が辞任した事になっている。辞任であれば違約金は発生しないのでクラブとしては大助かりである。一方解任という事であれば、残り契約期間の所得を保障しなければならず、長期契約を結んでいる大榎監督には多額の違約金が支払われる事になる。静岡新聞の報道によると、第1ステージ終了時に大榎さんからクラブに対して進退伺いが提出されたようだ。これをフロントは慰留している。進退伺いというものは辞任とは違う。「解任するならどうぞ」という誘い水である。つまり違約金は発生する。フロントが慰留したのは金銭的な動機であろう。これは理解できる。J2降格による収入減と、大榎監督に対する違約金の負担とを天秤にかけたのであろう。そしてついに、横浜M戦前にフロント待望の辞意が受け取れたので了承したのだろう。上手である。  別の角度から見ると、大榎監督の名声に配慮する事も大切である。監督としての価値を大きく落とした大榎さんであるが、辞任であれば今後の清水エスパルス周辺の人々からの嫌われようも限定できる。何かしらの名誉職にありつく事もありうるのではないだろうか。そして忘れてはならないのが、これまで大榎さんを支えてくれたスポンサーの方々である。大榎さんがここまで延命された主因が、こうしたマネーパワーである事を鑑みると、もし解任などしようものなら、今後クラブへの出資を控える事が懸念される。だからこそクラブも解任に二の足を踏んできたのであろう。辞任という形でクラブ愛を示した大榎さんには今後、相談役のような名誉職を提供する事で埋め合わせをするのではないだろうか。  結果として、クラブは残留への足枷を外せた。大榎さんは金銭的にもプライド的にも最低限のラインは守れた。スポンサーとしても大榎さんの顔に泥を塗る事なく済ませられた。まさに三方一両損である。清水というムラ社会の調和を重んじた大岡裁きである。  こうした事とは別に、この1年の混乱をクラブは反省するべきであろう。ゴトビさんの退屈なサッカーを否定する事は、静岡ならではの感性であり尊重したい。こうした感性は他のクラブのサポーターには無いものであり、Jリーグの宝である。しかしこれからは、トップチームを率いた事の無い実力未知数のレジェンドを、長期契約で迎えるという事を繰り返してはならない。実績のある外様監督に就任してもらうか、OBに拘るとしても、他のクラブでのトップチーム経験者にすべきであろう。攻撃的戦術、レジェンド、長期政権、全てを満たす事など不可能である。例えば、田坂監督代行で今シーズンを終えた後、沢登さんを来季監督に迎えるというような愚行を繰り返してはいけない。沢登さんには他のJクラブでコーチや監督として経験を積んでから、清水を率いてもらいたいものだ。  ところで、J1の残り試合数は12試合である。これからが終盤戦となる。清水は果たして残留出来るのだろうか。前節の横浜M戦(A)に逆転勝ちを収めて、良い雰囲気で中断期間を迎えた。とは言え、もし大榎さんのままであったならば、守備を軽視した戦いを続行したであろうから、悲観的な未来しかなかった。それが田坂監督代行であれば守備的なサッカーを選択するであろうから、戦力なりの結果が期待できる。そして清水の戦力はというと、普通に中位相当である。ここに夏のマーケットでチョン テセと角田を補強している。クラブは善処したのではないか。これまで清水の難点として地元主義というものを私は指摘してきたが、この点に関しては事実誤認であった。謝罪します。外国人選手を5名スタメンで起用できる点、補強選手も地元出身者に拘ってはいない点、残留するためには手段を選ばない姿勢に感動した。清水に排他主義など存在しない。すごく公平で開かれた街である。  今回清水が本気を出した事によって、顔面蒼白となったのは残留争いの他クラブである。1弱の清水のおかげで、降格枠を実質2つと考えていたところが3つになった。それどころか清水が中位相当の勝点(1試合平均1.5)を獲得すれば残り12試合で18を獲得してしまう。合計36となる。絶対残留とは言えないが、まず間違いなく残留する数字である。残留候補の大本命に躍り出た清水。今後の残留争いをリードしてくれるだろう。  さて、清水の残留への現実感が出てきたので、初めて今後の日程を見てみる。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by carp-hooligan
  • 2015/08/05 08:23

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック