GO'S Heaven's Door*soccer*

【2013~2014年Jリーグ・海外クラブ・選手、監督、移籍情報ウワサほんと・その52】

【移籍情報ラインナップ】 ●1:<浦和・原口元気にトルコ名門食指 リーグV13度ベシクタシュ> ●2:<松井大輔レヒア退団へ「Jクラブから違約金」> ●3:<C大阪、新加入内定のMF丸岡満がドルトムントへ期限付き移籍> ●4:<【神戸】名古屋の191センチDF増川を獲得> ●5:<【清水】ユトレヒト・高木善、獲得へ> ●6:<山形DF作田裕次がJ3参入の金沢へ完全移籍「全身全霊をかけて」> ●7:<栃木DF當間建文が山形へ完全移籍> ●8:<【名古屋】西野新監督スタッフに実好氏ら> ●9:<広島からオファー、仙台林認めた「事実」> ●10:<J2岐阜 応援マスコット「ミナモ」の期限付き移籍期間延長> ●11:<(横浜M) マルキ後釜は得点王 磐田・前田に正式オファー> ●12:<(横浜M)大宮・ノバコビッチに獲得オファー> ●13:<浦和、日本代表のGK西川(広島)にオファー> ●14:<【大宮】守備強化へ磐田DF藤田にオファー> ●15:<(FC東京)エドゥー獲り> ●16:<(群馬)夛田凌輔選手セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ> ●17:<(群馬)大津 耀誠 選手 (セレッソ大阪∪‐18)2014シーズン加入内定のお知らせ>

●1:<浦和・原口元気にトルコ名門食指 リーグV13度ベシクタシュ> リーグ優勝13度を誇るトルコの名門ベシクタシュが 浦和FW原口元気(22)獲得に乗り出していることが分かった。 複数の関係者が明かした。原口は14年まで契約を残しており、 違約金が発生する。  だがベシクタシュは12年末、そして今夏も関心を示し、7月の 東アジア選手権にも選出された若きドリブラーの潜在能力を高く評価している。  原口は今夏プレミア・リーグのクラブから練習参加の打診を受けたが、 浦和でのリーグ優勝を優先して固辞した経緯があり、 下部組織から育ててもらったクラブでタイトルを獲得したい思いが強い。 その一方で海外挑戦への意欲も持っている。ベシクタシュは今季、 首位フェネルバフチェに勝ち点差12の4位につけている。 (sponichi) ●2:<松井大輔レヒア退団へ「Jクラブから違約金」> ポーランド1部レヒア・グダニスクに所属する元日本代表MF松井大輔(32)が クラブを退団する見通しになったと、同国メディアが18日に一斉に報じた。 プロビエルツ監督が「松井が退団の意向を伝えてきた」と話したという。契約は来年6月までだが、サルノウスキCEOは「Jリーグのクラブから 違約金を支払うオファーが届いた」と説明。地元メディアは、J 2降格が決まった磐田入りが濃厚だと報じている。 松井は今季、ポーランド1部16試合で4点を挙げた。 (nikkan) ●3:<C大阪、新加入内定のMF丸岡満がドルトムントへ期限付き移籍> セレッソ大阪は19日、来季の新加入選手として内定しているC大阪U-18の MF丸岡満が、ドルトムントへ期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2014年1月6日から2015年6月30日までで、 丸岡はドルトムントU-23で活動を開始する予定。  丸岡は1996年生まれの17歳で、身長173cmのMF。 C大阪U-18に所属し、U-15、U-16、U-17と年代別の日本代表に選出された経験を持つ。 U-18日本代表候補にも名を連ねている。 (soccer-king) ●4:<【神戸】名古屋の191センチDF増川を獲得> J1に復帰した神戸が、名古屋DF増川隆洋(34)を獲得したことが18日、分かった。 この日までに完全移籍で合意。兵庫・姫路出身のベテランDFが 来季は地元の関西に戻り、身長191センチの体格を生かした堅守で 、2年ぶりにJ1へ挑む神戸を支える。  増川は姫路市立琴丘高、大商大を経て、03年に福岡入り。 05年に名古屋へ移籍し、10年はDF闘莉王とセンターバックのコンビを組んで J1初制覇に貢献。同年のJ1ベストイレブンに選出された。  神戸は、すでに横浜Mからブラジル人FWマルキーニョス(37)の 完全移籍も決定。攻守両面で経験豊かな新戦力の獲得に成功した。 (hochi) ●5:<【清水】ユトレヒト・高木善、獲得へ> 清水がオランダ1部リーグ、ユトレヒトのMF高木善朗(21)を獲得することが18日、 清水関係者の話で分かった。ユトレヒトの年内最終戦となる22日の ゴーアヘッド・イーグルス戦後、身体検査を経て正式契約する。  高木は2011年に東京Vからユトレヒト入りしたが、今季も定位置はつかめなかった。 17日付のオランダの全国紙アルヘメン・ダフブラットによると、 ユトレヒトのチームマネジャーも清水との交渉を認め 「選手本人も帰国を望んでいた」とした。 (hochi) ●6:<山形DF作田裕次がJ3参入の金沢へ完全移籍「全身全霊をかけて」> モンテディオ山形所属のDF作田裕次が、来シーズンからJ3に参入するツエーゲン金沢へ 完全移籍することが決まった。18日に両クラブが発表した。  作田は1987年生まれの25歳。筑波大から2010年に水戸ホーリーホックに加入し、 2011年に大分トリニータへ移籍した。今シーズンから所属している 山形では、リーグ戦15試合に出場した。 (soccer-king) ●7:<栃木DF當間建文が山形へ完全移籍> 栃木SC所属のDF當間建文が、モンテディオ山形へ完全移籍することが決まった。 19日に両クラブが発表した。  當間は1989年生まれの24歳。東海大学付属第五高から 2007年に鹿島アントラーズに加入し、2012年に栃木SCへ移籍した。 在籍2シーズンで、J2で59試合出場3得点を記録した。 (soccer-king) ●8:<【名古屋】西野新監督スタッフに実好氏ら> 名古屋は19日、来季のトップチームのコーチに3人が加入すると発表した。  20日に新監督への就任会見が行われる予定の西野朗氏(58)を 支えるスタッフとなる。  実好礼忠(さねよし・のりただ)氏がコーチ、藤宏明氏がコーチ、 ジェルソン氏がGKコーチ、ブローロ氏がフィジカルコーチを務める。 4人とも西野氏をG大阪や神戸で支えた。  ここに、今季までの今久保隆博コーチと喜熨斗(きのし)勝史フィジカルコーチも加わり、新体制を支える。 (nikkan) ●9:<広島からオファー、仙台林認めた「事実」> 仙台GK林卓人(31)が、広島から獲得オファーを受けたことを明かした。 18日の練習後に「オファーがあったことは事実。それ以上のことは 現段階では何も言えない」と話した。今季Jリーグ連覇を達成した広島だが、 日本代表GK西川の浦和移籍が決定的な状況。 新守護神候補として、01~04年まで在籍した林をリストアップしていた。  08年以降のJ1、J2リーグ戦通算229試合のうち228試合でゴールを守った、 手倉森体制における功労者の1人。 日本代表に名前を連ねるまで自らを高めてくれた仙台への愛着は、ひときわ強い。 一方で広島はプロとしてのキャリアをスタートさせた“原点”でもある。 林は「今は、とにかく天皇杯で優勝したい。それしか考えていない」と繰り返した。 まずは目の前の天皇杯準々決勝、東京戦(22日、ユアスタ)に集中する。 (nikkan) ●10:<J2岐阜 応援マスコット「ミナモ」の期限付き移籍期間延長> J2岐阜は19日、岐阜県「清流の国ぎふ」マスコット「ミナモ」との期限付き移籍期間を 延長することになったと発表した。  期限付き移籍期間は2014年2月1日から2015年1月31日までで、 「岐阜県」からのレンタル移籍となる。  ミナモは「岐阜県のキラキラした川」で生まれ、「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」公式マスコットや 「清流の国ぎふ」マスコットを歴任。今季はアウェーの松本戦にも遠征し、 岐阜のPRにひと役買った。  来季も引き続き、試合会場やイベント等でチームを応援し、 岐阜県内のスポーツ振興を盛り上げていくことになったミナモはクラブを通じ、 「来年は長良川でいっぱい、いっぱい勝とうね!」とコメントしている。 (sponichi) ●11:<(横浜M) マルキ後釜は得点王 磐田・前田に正式オファー> 今季最終節で優勝を逃した横浜がJ2に降格する磐田のFW前田遼一(32)に正式オファーを出したことが18日、分かった。今季16得点を挙げたエースFWマルキーニョス(37)の退団が既に決定。来季優勝への“切り札”として09、10年と得点王に輝いているストライカーに白羽の矢を立てた。  00年のプロ入り以来、磐田一筋でJ1通算137点を誇る前田に対し、横浜が正式オファーを出した。今季の前田は自らがシーズン最初にゴールを決めた相手が6年連続でJ2に降格していたことから「デスゴール伝説」と騒がれて、マークが厳しくなった。そのためか波に乗りきれないまま年間9ゴールで終了。5年連続の2桁得点を逃し、チームもクラブ史上初となるまさかのJ2降格を味わった。  それでも、横浜は20得点を決めた09年、17得点をマークした10年と 2年連続で得点王に輝いた得点能力は来季33歳を迎えるベテランになっても健在と判断。 ポストプレーで起点となれる上、周囲を生かす動きにもたけており、獲得に乗り出した。  横浜は11年のオフにも前田に正式オファーを出したほか、 それ以前にも触手を伸ばしている。関係者によれば来季で 3年目を迎える樋口監督が特に前田の能力を高く評価しているという。  前田は最近こそ日本代表に招集されていないものの、ザックジャパンでは 6月のコンフェデ杯まで1トップでプレーし、実績を残した。 来季のパフォーマンス次第ではW杯出場の可能性も残されている。 前田と磐田との契約は来季も残っており、移籍には移籍金が必要となるが、 日本屈指のストライカーの決断に注目が集まる。  (sponichi) ●12:<(横浜M)大宮・ノバコビッチに獲得オファー>  J1横浜Mが、退団したFWマルキーニョス(37)に代わる来季の新外国人として、 J1大宮のスロベニア代表FWノバコビッチ(34)に獲得オファーを出していることが18日、分かった。 昨季大宮入りしたノバコビッチは、今季は26試合出場で12得点。 中盤の第16節まで首位に立ったチームを前線で引っ張った。 (sanspo) ●13:<浦和、日本代表のGK西川(広島)にオファー> 浦和は来季に向けた戦力補強について、日本代表で広島のGK西川周作(27)に 獲得オファーを出していることが18日、分かった。 本人の意思次第だが、広島は天皇杯が残っているため、 回答はもう少し時間がかかりそうだ。  西川はペトロビッチ監督時代の2010年に大分から移籍。 今季、リーグ最少29失点と2連覇に貢献した。今年は日本代表戦に4試合出場した。  浦和はこれまでに、大宮のMF青木拓矢(24)の獲得に成功しており、近く発表される。 (埼玉新聞) ●14:<【大宮】守備強化へ磐田DF藤田にオファー> 大宮が来季の新戦力として、磐田のDF藤田義明(30)の獲得を目指していることが 18日、分かった。来季から大熊清新監督(49)を迎えるクラブは 上位進出へ、 今季リーグ戦の後半17試合で32失点と崩壊した守備の立て直しを課題に補強を進める。 関係者によれば、既に正式に獲得オファーを出しており、同じく獲得に 動いているF東京と競合する形となる。  藤田は11年に磐田加入。主に最終ラインでプレーし、今季は32試合に先発出場した。 06年に千葉から移籍して10年まで在籍した大分では、守備的MFや サイドバックなども経験した。 大宮は不動のボランチの青木拓矢(24)の浦和移籍が決定的だが、 藤田は守備的なポジションを複数こなせるだけに、センターバックやボランチでの起用も考えられる。 (hochi) ●15:<(FC東京)エドゥー獲り> 東京が来季新戦力として、ブラジル人のFWエドゥー(32)を獲得することが18日、決定的となった。 パワーとスピードを兼ね備えたレフティーで、今季は中国の遼寧で 14点決めた。08年にはKリーグ水原でリーグ優勝に貢献し、 リーグ選抜としてJ選抜との「JOMOカップ」出場のため来日経験もある。 10-11年はシャルケで9番を背負い、日本代表DF内田とプレー。 欧州CLにも出た実力者。クラブは来季3-4-3布陣で戦う方針。 17点決めたFW渡辺とともに強力攻撃陣でタイトルを狙う。 (nikkan) ●16:<(群馬)夛田凌輔選手セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ> この度、2013シーズンにセレッソ大阪より期限付き移籍加入しておりました 夛田 凌輔 選手が2014シーズンより完全移籍にて加入することが決まりましたのでお知らせ致します。 (群馬) ●17:<(群馬)大津 耀誠 選手 (セレッソ大阪∪‐18)2014シーズン加入内定のお知らせ> この度、ザスパクサツ群馬では2014シーズン新加入選手として大津 耀誠 (おおつ ようせい)選手(セレッソ大阪∪‐18)の 加入が内定しましたのでお知らせ致します。 (群馬) chame-334881.png

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ちゃめ
  • 2013/12/19 17:04

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

【2013~2014年Jリーグ・海外クラブ・選手、監督、移籍情報ウワサほんと・その52】

浦和は、ある程度中期的な展望を見ながら補強するが、
横浜は、即戦力のベテランに焦点を絞るスタイルが徹底している。
若手には気の毒な気もするが、ベテラン中心のクラブとして、それなりの成績を出しているのだから、
疑問の声は大きくならないのかも。
横浜の場合、下部からも、高校、大学からも有望な選手が続々入団してくるので、
若手の補充に苦労しないということもある。

地方の弱小クラブからしたら、何とも溜め息の出るような話ではある。

posted by potato
コメント投稿者ID:ELG00056532
2013/12/20 08:23
コメント支持(0)

>potatoさん

マリノスはベテラン勢の大活躍でMVPまで俊輔ですもんね、これはすごいです。
いっとき、若手が育たなくてぞくぞく移籍していったのが、こういう形を作ったのでしょうか??
世代交代の時期をどう作っていくのか注目していきます。

長谷川も、その一人でしたっけ。。。

浦和の補強のやり方は、わかりやすくていいですね^^;

茂庭は、自分の意思なんですね。
柿谷曜一郎、山口は残りそうなので守備陣の強化は必須ですよね。

シャムスカさんは、私もとても楽しみです。
まだまだ、移籍は今年も賑わいそうな年末ですね~

posted by ちゃめ
コメント投稿者ID:chame
2013/12/22 07:19
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック