中京地区を応援

中日、ドラフト展望。

プロ志望届が昨日で締切となり、これで候補者がそろいましたね。

中日の今年のドラフトはどういう選手を指名するのか?今のチームに足らない部分を補い、将来の中日を背負う選手を指名できることを祈っています。

昨日のスカウト会議後の森監督のインタビューで「高校生もいい。即戦力も欲しい。投手もいい。捕手も欲しい」とおっしゃっています、そこを加味しながらチームのウィークポイントごとに候補選手を挙げていきたいと思います。

まず重複の可能性の高い清宮選手に関しては、中日の過去のドラフトを見ても4球団以上の抽選はあまり当てたのを見かけません。そこを考えると今回は4球団を超えると思うので回避が妥当と考えています。

今季ポジションを固定できなかった捕手と二塁手、そして先発投手と左腕リリーバー。ここら辺の選手を中心に指名していくと思われます。

捕手では高校生で広陵の中村選手と九州学院の村上選手。2人とも打力もあり将来の正捕手候補として指名したいですよね。大学、社会人に目を向けると社会人で候補になりそうな選手はほぼ現中日の捕手陣と同年齢であるのがネックになりそう。大阪ガスの岸田選手なんかはまだ年齢がいっていないのでいいかもですね。

二塁手は大学、社会人にかなり候補者が多くいてどの選手を指名するか楽しみですね、特に大学生では国学院の山崎選手、二塁手ではありませんが奈良学園の宮本選手、九州共立の望月選手など。社会人では日立製作所の田中選手、これも二塁手ではないですがトヨタの藤岡選手など。打力を備えた内野手はけっこう居ると思えます。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by chukyo
  • 2017/10/13 09:17

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック