「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会

11月30日、12月1日 江坂テニスセンター

望月・正林の2年生ペアがベスト4! ▲リラックスした雰囲気で試合に臨んだ

 学生ランキング上位者に参加資格が与えられるこの大会。ダブルスで望月勇希(法2)・正林知大(商2)組がベスト4入りを果たした。

▲バックハンドを狙う望月

 1回戦で夏関優勝ペアである斎藤・千頭組(早大)を7-5、6-1のスコアで下した望月・正林組。続く準決勝の相手は坂井・田中組(早大)だ。今年6月に行われた昭和の森オープンでは優勝という結果を収めている坂井・田中組。中大ペアの前に確かな実力派ペアが立ちはだかった。  第1セット、望月・正林組は第5ゲームでブレークを許すと、相手の力強いサービスを前に反撃のチャンスをつかむことができなかった。流れをつかみきれないまま第1セットを3-6で落としてしまう。続く第2セット、5ゲームを連取され一気に追い詰められた中大ペア。このままでは終われないと第6ゲームをキープし、第7ゲームではブレークを成功。流れをつかみたいところだったが、反撃むなしく第8ゲームをブレークされてしまう。第2セットを2-6で落とし、決勝進出とはならなかった。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by 硬式庭球部担当
  • 2017/12/02 12:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック