ホースレース・ロマネスク

2017 阪神大賞典・スプリングS

★阪神大賞典 展開予想・ポイント

 いよいよ現役最強馬、サトノダイヤモンドの古馬シーズン始動戦と相成りました。  父ディープも、現役時代はここから始動し、強風+重い馬場+59kgをものともせずに圧勝して、古馬になっての成長をはっきりと見せてきましたが、疑いなく現状での父の最高傑作であろう同馬も、その顰に倣うことが出来るか、相手関係云々はべつとして非常に楽しみな一戦になります。

 まず今日の阪神の馬場ですが、そこそこ時計は出ていましたが、先週まで程高速ではなかったかな?というイメージですね。  古馬1000万下の1800m戦が36,0-37,1-33,8=1,46,9で、内回りの若葉Sが35,0-49,4-35,9=2,00,3という推移なので、レースレベルを踏まえてもまずまず、というところだと思います。  長距離戦なのでペース自体ははっきりとは読みにくいですが、極端に緩みそうなメンバーでもないので、大体61-64-59,5くらいに収束してくるのではないかと思います。基本的には総合的な持久力と、ある程度後ろからだと勝負所での加速、持続力も多少なり問われる、阪神3000mらしいタフな展開にはなるでしょう。

 展開としては、前走大逃げで結果を出したウインスペクトルが、挑戦者らしく今回もある程度は離して逃げていくかな、と感じています。  とはいえ流石にそれをみんなが追いかけていく可能性はかなり低く、7~8馬身離れたところに2番手集団、タマモ、ワンアン、マドリード、スピリッツも今回幸Jで最内なのでそれなりに出して行くかな、と。  それを見る形でサトノダイヤモンド、それをピッタリマークするシュヴァルグランにトーセンバジル、最後方で虎視眈々のレーヴミストラルという隊列が濃厚だと思いますし、残り1000mあたりからじわっとサトノ、シュヴァルグランが動いていく形になると考えます。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/03/18 17:27

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック