ホースレース・ロマネスク

2017 フラワーC レース回顧

 今日は昼と夜の時間が等しい春分の日、これから春満開の季節に向けて、光輝く時間がどんどん伸びていくことになります。  そんな日に行われたフラワーCは、正にここから沈むことのない、旭日のごとき栄光の軌跡を刻まん、とばかりに、評判馬ファンディーナが衝撃的な圧勝で重賞初制覇を飾りました。レースを分析していきましょう。

 まず今日の馬場は、やはり昨日と大差はない標準的な馬場だったと思います。  9Rの1000万下マイル戦が47,1-47,4の平均ペースで1,34,5止まり、日月を通してもほとんど速いラップを踏んだところがない、パワー寄りのタフな馬場と見ていいでしょう。

 坂スタートなので全体的にバラつきはある中、ドロウアカードが絶好のスタートから楽にハナを主張していきます。  内のデアレガーロはやや行き脚で遅れを取り、外からハナレイムーンとファンディーナが押し上げていって、最終的にファンディーナが完歩の違いによるスピードの差を見せつけるように一番外から番手を取り切りました。  その後ろにやや掛かり気味にデアレガーロと、1コーナーで少し膨れ気味になったハナレイムーン、そして内からスルスルとディーパワンサもポケットに潜り込んできて、人気上位馬はきっちりファンディーナをマークする、という隊列になります。

 ラップは36,5(12,17)-36,9(12,3)-35,3(11,77)=1,48,7(12,08)という推移でした。  ドロウアカードが刻んだ流れはややスローながら淀みの少ない、けど道中後方からの押し上げは許さない範疇の絶妙なもので、かつじわっと3コーナーから離しているように見せつつ、実際はそこまで上げておらずに本仕掛けを遅らせる見事な騎乗なのですが、流石にドンと番手で普通に折り合ったファンディーナに大名マークを受けてしまえば、その程度の妙技はあっさり能力で覆されてしまいますね。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/03/20 16:06

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

「2017 フラワーC レース回顧」へのコメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。
今週末も重賞レースが多く、更新が大変かと思いますが、更新されるのを楽しみにしております。

posted by kyr
コメント投稿者ID:TCE00076907
2017/03/21 13:27
コメント支持(0)

2017 フラワーC レース回顧

コメント及び励ましのお言葉をありがとうございますー。

今週も見所が沢山あるので嬉しい悲鳴ですよね。
それでひとつひとつの分析が雑になってしまっては本末転倒なので、そのあたりを戒めつつ、いつも通り楽しみながら、無理のない自分のリズムで記事更新していきたいと思います。

posted by clover
コメント投稿者ID:clover
2017/03/21 19:45
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック