ホースレース・ロマネスク

2017 フラワーC レース回顧

 2着のシーズララバイは、流れに上手く乗りつつ、前は急激な加速を問われて苦しいところを段階的に押し上げてきた分、最後までしぶとく脚を残せたかな、というイメージですね。  ここまでの強敵相手の善戦はあるので拾うか悩んだんですけど、馬格がない馬なのでそこで嫌っちゃったんですよねー。後述しますがディープの仔だとそれがより顕著に嵌るのですけど、全てに完璧に当て嵌まるわけではないですし、同じコース・距離でウインブライトから0,7秒差、というのを素直に受け止めておくべきでした。  そしてこの点の比較でも、ファンディーナ>ウインブライトの図式が見えてしまう今年の牡馬戦線の脆弱さ、ですよね…………。

 3着ドロウアカードは、うーん惜しい、もう一粘り足りませんでしたね。  ただ道中のペースコントロールは流石の一言でしたし、ファンディーナが番手で悠々構えてくれたおかげで本仕掛けを待てたのも良かったでしょう。勝ち馬には一瞬で交わされましたけど、むしろ一瞬過ぎて競り負けた、って馬自身が思わなかったのかな、ってくらいラストまでしぶとく脚を使えていましたし、よく健闘したと思います。  この感じだと距離はもう少しあってもやれそうですし、この馬自身は休み明けで上積みも見込めるので、自分のリズムに徹する競馬が出来ればオークスの権利くらいはどこかで取れるかもしれませんね。

 4着エバープリンセスは、ハービンの仔らしく距離伸ばして時計がかかる馬場で一変、というところですね。  昨日のトーセンもそうですけれど、ハービンの仔はワンペースで道中淡々と進む流れがベストっぽいですし、そこで脚を溜めれば一瞬は切れる脚を使ってくるので、距離がさらに伸びての警戒は必要かもですね。

 5着ハナレイムーンは、昨日は紙幅の関係で書き漏らしていたんですが、やっぱり先週の中山牝馬のビッシュ宜しく、馬格のないディープの仔は今の中山ではきついよなぁ、と。  ファンディーナを不安視しなかった要因の一つは雄大な馬格にもありましたし、対してこちらは府中の軽いスピード馬場でこそだろうと見て軽視しました。  ただレース内容としては思ったより頑張れていて、ポジショニングもあそこまで取れると思っていなかったので、素材面ではファンディーナを除く掲示板組の中では一番と見ていいと思います。まだ賞金が足りない馬ですが、府中のトライアル戦では積極的に狙っていいのではないかと感じましたね。

4ページ中3ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/03/20 16:06

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

「2017 フラワーC レース回顧」へのコメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。
今週末も重賞レースが多く、更新が大変かと思いますが、更新されるのを楽しみにしております。

posted by kyr
コメント投稿者ID:TCE00076907
2017/03/21 13:27
コメント支持(0)

2017 フラワーC レース回顧

コメント及び励ましのお言葉をありがとうございますー。

今週も見所が沢山あるので嬉しい悲鳴ですよね。
それでひとつひとつの分析が雑になってしまっては本末転倒なので、そのあたりを戒めつつ、いつも通り楽しみながら、無理のない自分のリズムで記事更新していきたいと思います。

posted by clover
コメント投稿者ID:clover
2017/03/21 19:45
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック