ホースレース・ロマネスク

2017 大阪杯 プレビュー

★はじめに

 さて今週は、今年からGⅠに昇格した大阪杯が行われますね。  春の中距離路線の大レースがない事を受けて創設され、春古馬三冠ロードとして新たに確立されたものの、現時点ではそのろせんを目指すと公言しているのは昨年の年度代表馬・キタサンブラックのみ。  戦前からの懸念通り、他の前哨戦やドバイを使う陣営も多く、せっかくGⅠ昇格を果たしながらも登録段階でフルゲート割れ、その内ディーマジェスティは日経賞に使っているので最大でも14頭立て、と、その点はやや寂しさを感じさせます。

 ただ元々ここは強い馬のステップレースで、少頭数になりやすい舞台でもありましたし、今年は中々に豪華なメンバーは揃っています。  GⅠの冠に相応しい熱戦が繰り広げられるのを、ワクワクしながら待ちたいところです。

★レース傾向分析

 昨年まではGⅡであり、ここが目標、メイチという馬も少なかったことから、傾向がそのまま鵜呑みに出来るかは難しいところですが、一応の基本的な考え方の礎として、さっくりと触れていきたいと思います。

 まずコース形態としては阪神の内回りコース、2000m戦になります。  スタートしてすぐにゴール板前の坂が待ち構え、それを超えるとすぐに1~2コーナー、というレイアウトから、あまり前半からペースが上がっていくイメージは薄いコースになります。  実際に過去10年、馬場差はあっても前傾バランスになったのがたった2回、絶対的な速度で前半1000m60秒を切ってきたのも2回だけで、基本的にはスローで入るレースになっています。

9ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/03/27 03:01

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック