ホースレース・ロマネスク

2017 東京スプリント レース回顧

 東京スプリントは、大外枠から果敢に逃げて一杯に粘ったキタサンサジンの勝利となり、スプリント路線に新風を吹き込みました。レースを振り返っていきましょう。

 まず馬場なんですが、予想を書いた時点ではもう少しは軽いかな、と思っていたのですが、ある程度乾いてきて、かつレースを使う中で徐々に重くなってきたような印象です。  それは他のレースの時計を見ても顕著で、前半のレースでは1200mでぶっちぎりとはいえ1,14,2とか1,13,6が出ていたのに、後半になっての1200m戦は1,15,5止まりで、明らかにラストで消耗する状況に変貌していたと思います。  或いはフェイムやアライアが相当に強い可能性もあるので、その辺一目置いておくと面白いかもです。

 その中でのこのレースは、逃げるかも、と思っていたレアヴェントゥーレが大きく立ち遅れ、ブライトラインも後ろに体重が乗る感じで一歩目でダッシュがつかない形になります。  逆に好スタートがダノングッドで、その外からキタサンサジンが押して一気にハナを取り、ゴーディーが三番手の外につけていきます。  ドリームバレンチノは五分のスタートから中団で、道中はインに潜っていき、レーザーバレットは中団やや後ろの外目、その後ろにブライトラインという隊列になります。

 ラップは35,4(11,8)-37,3(12,77)=1,12,7(12,12)という推移でした。  全体時計がかかる中で前後半のバランスとしては2秒の前傾というハイペースですが、絶対的な速度としては前半35,4はそこまで極端には速くなく、キタサンサジンが粘り込めたメカニズムとしては時計がかかった事と、前半の絶対的な入りがそこまでタフでなかった事を挙げたいです。  実際にこのラップでも、前はある程度加速する余地は残していて、12,5-12,1-12,7と明確に直線で前が出し抜きを計っています。  なのでその流れに対し、外からフラットに勢いをつけていくか、内目を捌いてもノンブレーキで運べた馬が楽だったのは間違いなく、その上でラストの踏ん張りで底力を問われたかなと思いますね。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/04/20 00:32

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック