ホースレース・ロマネスク

2017 天皇賞(春) プレビュー

★はじめに

 いよいよ今週は伝統の天皇盾を巡っての大一番、春の天皇賞が行われますね。

 余談から入りますが、私が競馬観戦を始めた90年代前半から2000年代初頭にかけては、春の天皇賞と言えば強い馬が順当に勝つ、荒れないGⅠの代名詞のようなところがありました。  実際に過去の勝ち馬を眺めていても、名前だけでその走りが脳裏にはっきり浮かんでくるような素晴らしい名馬ばかりなのですが、2000年代半ば頃から、全世界的に長距離レースの実質的な価値の低下が著しくなり、国内でも牝馬の時代の到来とセットになって、チャンピオン級がこぞって出走する、というレースではなくなりました。

 また95年の馬場改装以来、一貫して高速馬場であり続ける淀の舞台においては、例え長距離戦であろうと枠の有利不利、ポジショニングの重要性が飛躍的に増し、いつしか数多の名馬を飲み込む魔物が住むレース、荒れるGⅠとして定着した感があります。  それは2006年のディープインパクト以来、10年連続で1番人気馬が飛んでいる、という点だけを踏まえても顕著ですし、本当に一筋縄ではいかないレースになりました。

 近年のファン層にはそれこそ死語に近いかもですが、淀の坂はゆっくり上りゆっくり下る、という格言がありました。  これは特に二回坂を通る長距離戦でより説得力を持って語られたもので、実際昔の馬場ですと、坂の下りから一気にスパートしたらスタミナ切れを起こして直線でバテてしまうのが普通であり、その分だけ直線勝負の比重は高く、強い馬が順当に勝ちやすい展開を生んでいた、とも言えます。  けれど高速化著しい近年では、坂の下りから一気にペースが上がってそのまま雪崩れ込む展開がほとんどになり、後方から外を回す王道的な競馬を試みた名馬達が、その淀の3~4コーナーの罠にかかって失速してきました。

11ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/04/24 16:49

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック