ホースレース・ロマネスク

2017 東海S・AJCC

東海S 展開予想・ポイント

 まず明日の馬場ですが、天気予報を見る限り京都は雨ですが中京は晴れ、となんとも微妙なラインですね。  一応それを信じるとして良馬場想定、ただやはり不凍液を使用しているのか、今日のダート戦は軒並み時計がかかっており、明日もその傾向がガラッと変わることはまずないでしょう。このメンバー構成でも、平均で流れて1分51秒を切るか切らないか、くらいの時計に入ってくると考えます。  なので相対的にスローにはならないとは思いますが、並びを見ている限り極端に流れる事もないかな、というイメージですね。

 まずはインからアスカにトウショウ、モルト、ショウナンあたりはポジションを模索してくると思いますが、前走も1コーナーのポジション取りで消極的になったことを和田Jが悔いていましたし、変に下げてポケットで動けないよりは、と、基本的にはアスカが行き切るのではないかと思います。  そして内の先行勢の外から、ピオネロやマイネルあたりがじわっと詰めていって先行集団を形成、初ダートのラスパクも砂を被るのを嫌って積極策は有り得ますが、このあたりの先行勢を少し後ろでグレンやインカンが追走する形になるのではないかと思います。

 インカンはポジションが欲しい馬、とは思うのですが、過去この上り坂地点のスタートの中京1800mでまともにテンのダッシュをつけられたことがないので、順調に使えているいないは別に、この条件ではある程度立ち遅れる想定をしておくべきかなと考えます。  ともあれアスカの先導なら極端な緩みはなく淡々と、流石にチャンピオンズカップのように向こう正面から勝負に出る馬もここではいないかなとは思うし、直線向いて少し再加速するかな?くらいの展開ではないかと思います。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/01/21 17:18

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック