ホースレース・ロマネスク

2017 天皇賞(秋) プレビュー

★はじめに

 今週はいよいよ、古馬の頂上決戦となる秋の中距離GⅠ三連戦、その先陣となる秋の天皇賞ですね。  2コーナーの引き込み線からスタートするという、やや特殊なコース形態で実施されるレースですが、それでも数多の名馬が勝ち馬に名を連ね、このコースならではの筋書きのないドラマをいくつも生み落としてきました。

 今年はGⅠ馬8頭と超豪華メンバーが出揃います。  まぁ近年はGⅠ路線も多様化して、そのタイトルが海外GⅠのみ、なんて馬も出てきますので、その頭数自体が全体的な能力の高さ、レース質の高さとイコールになるかは判断しづらいところもありますけれど、それでもやはりこれだけ多様な路線から有力馬が集まってくれるのは、2000mという距離ならではの醍醐味と言えるでしょう。

 2週続けて道悪での決戦が続きましたので、そろそろ今週位は良馬場での真っ向勝負が見たいなと思いつつ、過去を紐解いて攻略のヒントを探っていきましょう。

★レース傾向分析

 コース形態はややトリッキーで、改装前よりは改善されたとはいえ最初の2コーナーまでの距離がすこぶる短く、外枠の馬が先行するには不利な舞台、というのがほぼ定説化しています。  ただそこをクリアして隊列が落ち着けば、それなりの起伏を伴いつつもゆったりしたコーナー、長い直線で実力馬が力を引き出しやすいロケーションですし、直線の坂が残り260mくらいまでで、坂を上ってから更にもう一段踏ん張れるパワー・底力をも求められる事になります。

12ページ中1ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/10/23 03:10

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

2017 天皇賞(秋) プレビュー

いつもありがとうございます。
少し前にここに辿り着きそれからは毎回楽しみにしております。キタサンブラックについてですが、今まで宝塚記念、有馬記念で勝てていないのは、荒れ気味の馬場への適性が少しマイナスだからではないでしょうか。今回の秋天は馬場が回復しないと難しいのではと個人的に思います。・・・ただもし馬場が劇的に回復しても東京の芝2000mはキタサンにとっては合わないと思いますが・・・。ここで凡走して、ジャパンカップを回避、もしくは凡走して、有馬記念で劇的勝利で引退・・・オグリキャップのようになるかも知れませんね。

posted by MOMO
コメント投稿者ID:TCE00079490
2017/10/23 23:47
コメント支持(0)

2017 天皇賞(秋) プレビュー

>MOMO様

 コメントありがとうございますー。

 その可能性もありますけれど、一応去年のJCでは完勝できているので、状態面の方が大きいのかな、とは感じますね。
 レースに行くと一生懸命走ってしまう馬に見えますし、シーズン3戦目のお釣りをどれくらい残すか、陣営もこの秋シーズンはそこを意識はしてくると思うので、適性面とセットで私も秋天は、状態がまともでもちょっと危うさはあるのかな、と思っています。

 宝塚記念の精神的ダメージから未だ抜け出せていなければ、そういう奇跡の復活パターンも有り得るでしょうし、ともあれこれだけの名馬ですから晩節を悪戯に汚すことなく、無事に走り切って欲しいものですね。

posted by clover
コメント投稿者ID:clover
2017/10/24 19:17
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック