ホースレース・ロマネスク

2017 福島2歳S・黄菊賞・オキザリス賞

 その中でも勝ったアンヴァルは一頭だけ別次元の競馬でしたね。  スタートも綺麗に決めてほとんど促すことなくスッと3番手の外を確保して、このハイペースを追走しても全く削がれる感じもなく、引っ張り切りの手応えで直線を向き、ほぼ馬なりで前を残り200mで捕まえると、ラストもほぼ追うところなく押し切る圧巻のレースぶりでした。  この馬の上がりは35,5で、残り400-200m地点でほぼその差を詰めている感じですので、11,7-11,6-12,2くらいで走破していると思います。  誤差程度とはいえ直線で加速する余力があり、多分追えばもう少しは時計も縮めてきたと思うので、これは本当にスプリンターとしての一級の資質を感じさせる走りで、新馬で大きく出負けして、かつ馬に怯んで逃亡しかかっていたのが嘘のような優等生ぶりですよね。

 血統的にもロードカナロア産駒は基本スプリント色は弱めなんですけど、この馬の場合母がアルーリングボイス、その母がアルーリングアクトとコテコテの平坦スピード巧者の血脈で、父ステイゴールドの半兄オールザゴーでもマイルが限界、って感じの馬に出るわけですから、これだけスプリント色が色濃く出るのも納得ではあります。  逆にここまでスプリント戦の適性が高いと、距離延長がプラスになるかは難しいところで、牝馬ですので春シーズンは桜花賞を目指す事にはなるでしょうし、余力があるなら阪神JFも使ってくるかもしれませんが、正直現時点では評価に悩みます。

 去年のレーヌミノルのように、小倉2歳Sであれだけ追走特化戦で圧勝しつつ、1600mでも強い競馬が出来る可能性はあるのですが、この馬の場合はまだ純粋な高速決着での時計面の裏付けはなくて、逆に渋った馬場での強さは見せています。  なので1600mでチャンスがあるなら、馬場が重くなって前傾度が上がって、他の馬を削ぎ落す競馬が出来た時、という評価には現状なりますね。  ともあれ、順調に育ってくれれば来年夏以降のスプリント路線をしょって立つレベルの逸材になれる可能性を感じさせる素晴らしい馬、レースぶりでした。

8ページ中2ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/11/14 20:55

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック