ホースレース・ロマネスク

2017 福島2歳S・黄菊賞・オキザリス賞

 勝ったジュンヴァルロはまぁ、血統的にもニューアプローチにロックオブジブラルタルと完璧な欧州血統ですし、こういう馬場でのタフなレースで、早めにスパートして粘りこむ展開がマッチしていたのだろうと思います。  今のところ逃げる競馬しか経験していませんが、タイプ的には馬群に入ってもやれそうな雰囲気はあって、極端な決め脚勝負だと脆いかもしれませんが、ホープフルSでも淡々とペースを作って、向こう正面からの5Fで分散するタフな展開に持ち込めればチャンスはあるかもしれません。

 次はムーアJの短期免許が切れた後ですので、まず誰が乗るのか、というのもありますが、積極的な仕掛けが出来る鞍上ならより面白さは増しそうですね。  ただ最後に坂のあるコースが合うかも未知数ですし、相手関係的にはそこまででもない、或いはこの展開では力を出し切れない馬が多かったようにも思うので、GⅠでより速い馬が出てくる可能性も含めて過大評価は出来ないかな、という印象です。

 2着のケイティクレバーは、前走があの馬場でのレースでしたのでフロック視されるのもある意味ではわからないではないですが、仮にもリシュブールを破っている以上、この人気は舐められ過ぎていたのかなとは思います。  展開的にもこういうややスローからコーナーで分散していく展開が噛み合うタイプなんでしょうし、初戦は切れ負け、2戦目は逆に5Fロンスパが辛かったと見做すなら、3~4Fで分散するか、或いは2F戦でも上がりを問われない条件で狙うべき馬でしょう。  この日は逃げずとも結果を出せたのは収穫ですし、ハイペースに巻き込まれるとどうかわかりませんが、常に人気より堅実に走ってきそうなタイプではありますね。

 3着ドンアルゴスは、紫菊賞があの頭数で非常にロスの多い勿体ない競馬で、そりゃあ乗り替わりになっても仕方ないか、とは思うのですが、ここも結果的に足を出し切れたか微妙な線ですね。  どうしてもスタートが安定せず、二の足も良くないので、新馬くらいゆったり入れるならともかく、流れるとまずポジションが取れないので、リカバーの意識を持つ上でも外枠の方が競馬はしやすいタイプかなと思います。

8ページ中4ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/11/14 20:55

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック