ホースレース・ロマネスク

2017 クイーン賞 レース回顧

 またレディスクラシック同様に中盤に緩みがなく、道中ずっと淡々と12秒台を刻み続ける推移にもなっていて、ある程度追走スピードも問われつつ、その上で持久力型の競馬にうまく持ち込んでいる、とは言えるでしょう。  淀みがない分道中の立ち回りは重要だったと思いますし、それでも基本的には絶対能力がそのまま反映した結果と見ていいのではないかなと思います。

 勝ったプリンシアコメータは文句なしに強かったですね。  後ろからつついてこられる馬がいなかった、という面でまだ恵まれた部分はあったでしょうが、基本的に中央の成績からしても、無理に逃げずにポケットからでも競馬は出来る馬ですから、もしも無理矢理出していく馬がいれば譲って控える、という競馬も出来そうで、その意味ではこのペースでしっかり強いレースが出来た事でより戦法の幅が広がる内容だったなと感じます。

 トータルで見ればスタミナ勝負に持ち込めた部分はあれ、馬場が軽い中でもしっかり全体で勝負出来ましたし、コーナーでの機動力も前走含めて高いものを見せているので、地方小回りの長距離戦ならばかなり安定して結果を残していけると思います。  流石に牝馬限定でもマイルになると追走面でどうか、とは思いますから1800m~が主戦場にはなるでしょうが、その路線で一先ず打倒クイーンマンボの筆頭格にはのし上がってきたかな、と感じますね。  次走は強気に川崎記念だそうですが、相手関係や枠次第では充分に太刀打ちできそうでとても楽しみです。

 2着のアンジュデジールは、今回も少し出負けしたとはいえ、多頭数の前走よりは楽にリカバー出来ましたし、道中も向こう正面から内に入れてスムーズにコースロスなく進出しています。  それでいて上がり時計で勝ち馬に及ばなかった以上、ここは素直に力負けだと言えますし、いくら軽い馬場でも1800mはやっぱり長いのか、と認めるべきでしょうね。  牝馬のマイル路線なら安定して上位にきそうですし、この感じですと一度1400m戦を使って見ても面白そうです。交流重賞だと牡馬相手にはなりますが、GⅢレベルなら普通に通用すると思うんですけどね。

3ページ中2ページ目を表示

  • posted by clover
  • 2017/12/07 18:10

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック